このページは、筆者のFM2009プレイ日記なので、 実際の個人・団体及び 世界のサッカーシーンとはなんの関係もありません

FootBallManager 2009

    〜 I am 日本人 〜 欧州風雲児 09仮想世界編
    ■ 選択国およびリーグ
    全20カ国25リーグ

    - 1部+2部(5カ国10リーグ)

    イングランド/ フランス/ ドイツ/ イタリア/ スペイン

    - 1部リーグのみ(15カ国15リーグ)

    ベルギー/ チェコ/ デンマーク/ ギリシャ/ オランダ/ ノルウェイ/ ポーランド/
    ポルトガル/ ルーマニア/ スコットランド/ スウェーデン/ スイス/
    トルコ/ ウクライナ/ ロシア


    ■ その他ルール
     架空の選手を使う  選手の能力隠す、DBデータ量 普通、DDT読み込み→日本
    ■環境
     FM2009UK Ver9.03
    ■マシンスペック
     CPU:Core2 Duo 3G メモリ:PC2-4200 2Gbyte HDD:ATA/300 7200rpm
     GP:Radeon 2600XT
     OS:WindousXP 2002 SP3

    言語ファイルは、 Football Manager 2009 日本語 翻訳wikiのものを利用させていただいてます。


7/22 UEFA CUP 予選3回戦
Home Vs Bohemians (アイルランド共和国)

UEFA CUPです。
理事会からは、「有意義な大会にしてください」とのことです。
監督としても、大きな成果は望んでいません。
まぁ、願わくば、グループ予選進出程度で。
とはいえ、ルーマニアも、ここ数年はUEFAの大会でも結構良い成績を残している国です。
参加チームの半分以上だけじゃなく、4分の3くらいのチームには勝利できるチームでありたい。

ということで、今日から初参戦です。
チームの状態はあんまりよくありません。

でも、試合前のオッズは、ウチ有利でした。

ボスで新加入のフォワード、 ミルセア・サヴ が2得点。
すばらしいデビューを飾ってくれました。
うち1本は、コースをついたゆるいシュートだった。
力を抜いたゆるいシュートが入ったの初です。
そういうシュートはもはや、入らないゲームなのだと思ってました。
でも入った。相手のキーパーも、一歩も動けませんでした。

2-1 Win
ちなみに昨シーズンのこの大会の優勝チーム。
Celticだったそうです。
7/25 開幕戦 Liga I Burger Home Vs Dinamo Bucharest
中二日で、リーグ開幕戦。
結構しんどいが、選手登録の無いリーグ戦なので、UEFAにでられない新選手など交えて、試合しました。
結果は上々。
今シーズン、エースの期待がかかるクピリエンコの先制弾。
ついで、新加入のドリネル のチーム初得点で、快勝。
守備がけっこうちぐはぐでひどい内容だったけど、
奇跡的に無失点。
ラッキーなスタートだ。

2-0 Win
7/29 UEFA CUP 予選3回戦 2nd
Away Vs Bohemians (アイルランド共和国)

すごいねぇ。
ルーマニアからアイルランドへの遠征試合です。
ポリテニカも一気に出世したよな。

先制したのは、ボヘミアンズでした。41分。コリン・マカーイというスコットランド人FW。
能力みると、結構低い。
ウチのフォワードの半分くらい。

後半、相手チームのオウンゴールで同点に追いつき、
65分、新加入のブラジル人ボランチ、 チアーゴ のシュートで、完全に勝ち越した。
そのまま試合終了。

2-1 Win
うむ。
失点もしているが、とりあえず、難なく最初の相手に勝利した。
7/30 渡りに舟

売りたい。
ヴィクターは、チームメイト(とくにディフェンダー)と仲良くなれない昨シーズンの守護神です。
今シーズンは、2億6000万という破格であらたに獲得した、 バルサン が、守護神になる予定です。

ただし、このバルサン。
UEFAの予選に登録されていません。
なので、UEFAの予選は、2シーズン前の守護神、 パブロ・モンテロ が、出場することになる。
ま、かれはわりとベテランだし、アルゼンチン人だけど最近ルーマニア国籍もとっていて、
チームメイトとの諍いもまったくなく、監督としても信頼がおけるセカンドキーパーなので、きっと大丈夫だ。

8/5 UEFAの次の相手
ジョーカーひいちゃいました。
ギリシャの強豪、パナシナイコスが相手です。
まぁ、向こうがちょっと強い程度かな・・・だといいな・・・
8/11 ヴィクターが売れた。
1億3000万で売れた。
チームの雰囲気がかなり良くなった。
まぁ、こういうものは、良くなりすぎるのも考え物だとは思うが。

8/12 UEFA CUP 予選4回戦 1st
Home Vs Panathinaikos (ギリシャ)

前半は良い勝負したが、後半はぜんぜんだめだった。
ホームで惨敗。
先制したのは、ポリテニカでドリネルのゴールだったが、
ポリテニカが優勢に見えたのは、中盤でのセカンドボールの拾い合いくらいで、
決定力の差も大きく、チャンスメイクもゴール前での展開力もパナシナイコスが圧倒的に上だった。
予選敗退の可能性が濃厚となってしまいました・・・

1-2 Lose
8/22 リーグ戦
得点力が無い・・・
最近の試合では、3−0で勝利したが、それ以前はイマイチだ。
今のフォワードは昨シーズンのエシオのような安定感に欠ける。
1試合1得点のフォワードほしい。

8/26 UEFA CUP 予選4回戦 2nd
Away Vs Panathinaikos (ギリシャ)

終了間際に、 ルプ が得点した。
いい思い出にしてくれい。

1-3 Lose

もう少し、UEFAで戦いたかったさ・・。
9/1 移籍期間終了 〜エシオその後
8月中は、ほとんど動きなかった。
ステアウアへ移籍したエシオ。
いまのところ、リーグ戦全試合に出場し、1得点1アシスト。
すくねーよ。
ウチのクピリエンコは4得点。新フォワードのドリネルが3得点。
あ〜〜、あのままエシオが残っていてくれたら・・・

いまのリーグ順位。
うちは、3勝3分け。
いまいちな成績です。
でも、リーグ2位でした。
ステアウアは4位。首位は、開幕戦で勝利したディナモ・ブカレストです。
まぁ、まだまだこれからですから。

9/11 最近
今日は、強豪のClujをホームに迎えて、3−0で勝利した。
最近は、ようやくロシアや、ブルガリアあたりから、解雇された後任の候補に挙がるようになってきた。
今日は、モスクワの、FC・モスクワからのラブコール。

でも。

モスクワは、いきたくないのです。
リーグ優勝できそうなチームに行きたい。
それも、できれば、解雇された後任じゃなくて、引退した監督の後任がいいな。
9/19 Liga I Burger Away Vs Steaua
にっくきステアウア戦です。
とてもうれしいことに、なんとエシオ。
つい最近、怪我して、この試合欠場。全治2〜3週間だそうです。

ダン・バルクはあいかわらず中盤で先発してきたが、エシオがいないのはうれしい。
このまま肩透かしで、古巣への思いは忘れ去って、
うちとやるときもいつもと同じ、うだつのあがらないパフォーマンスでやってほしい。

試合は、ドローでした。
1-1 Draw
9/25 Liga I Burger Away Vs Ceahlaul
昇格してきたチームとの試合。
試合自体は楽勝。
後半、ウチェが軽症だというので、交代させた。
今シーズンは、試合中の軽症がやたらおおい。
でも、ほとんどが1週間とか、コンディションがさがるだけで報告なしとか
なので、いつものことだったのだが・・・

3-1 Win


全治5〜6ヶ月の骨折ですと・・・・・

ま、代わりは沢山いるが・・・
スタメン : デシャン・テシク
2年前のスタメン : マルセル・ホス
本来はセンター : ポペスク
10/3 スーパーキャッチ!?
リーグ戦、Otelulとの試合。
Otelulフォワードの放った絶体絶命ループシュートでした。
が・・・、
実は鉄だったサッカーボールが磁石と化したポリテニカのキーパーに吸い付いた!?
と、おもったら、バーに当たって跳ね返ったボールをキャッチしたっぽい。

10/23 勝ちまくってます。
リーグ戦、目下4連勝。
通算で、8勝4引き分けで、まだ無敗です。
引き分けは、ほとんどがチームワークぐだぐだな序盤で稼いだもので、
最近は、強い。
先制されても逆転勝ち。
12試合中、5試合が3得点。
完封の試合が少ないっつーのが気になるが、UEFAで敗退したストレスを、国内リーグの雑魚相手に発散してます。

もちろん、現在リーグ首位です。2位と1差で単独首位
優勝できっかも。
11/16 暗雲
まだリーグ首位です。
んで、今日も雑魚チームとリーグ戦。
試合は、2-0で勝利したが、エースが大事故に遭遇。
この試合のマンオブザマッチにも選ばれたクピリエンコが大怪我しちゃいました。

5〜6ヶ月じゃ、リーグ戦ほとんど終わってるっつーの。
つまりは、今期、ほぼ絶望。

まぁ・・・
代わりはいるが・・・

昨シーズンの3番手 : オラリウ
18試合8得点の次期エース : ドリネル
ベテランのマルチフォワード : ミルセア・サヴ

この3人で2トップということになる。
が、少ないので、冬に1人追加する。

クピリエンコは、退院したら、そのまま次のチームに移籍だなたぶん・・・。

ん・・・まてよ・・・
あるいは、1トップに戦術変更するという手も・・・
う〜む。
12/1 11月の試合 〜 得点力は、下がったが・・・ 〜
ウチェ、クピリエンコと、前衛のキーマンが抜けて得点力は下がったが。 どういうわけか、守備力が上がっている気がする。
11月は3試合を消化し、すべて無失点。
1-0、1-0、2-0だった。

12月はもう1試合しかなく、以後は、2月の下旬まで、ルーマニアの長いウインターブレイクが始まる。
右ウイングとフォワードの両方が天性の足が速くてヘディングのうまいフォワードがほしいな!
(いねーよそんなヤツ)
12/21 ついに来た 〜 ペレスへのオファー
お得意さんの、ステアウアから、ペレスへの調査依頼です。
昨シーズンまで、ペレスは、チームの大黒柱でした。・・・が
今シーズンは、もはや平均的な中盤選手です。
しかも、ペレスのやつぁ、ポリテニカの今の地位にとうとう満足できず、
遅くとも、来年の夏にこのチームから出て行く計画を立てています。
なので、試合のパフォーマンスもそれまでに比べてあまりよくない。(悪くもないけど)
練習での能力の伸びもイマイチです。
練習で気合が入らないというのは、19歳の彼の将来を憂う意味でも、
このチームにいつまでも留めておくのは、ルーマニアという国レベルで考えても大きな損失です。

そこにでてきたステアウアからのオファー。
これは、大切に扱いたい。
12/29 スゴイの輸入した。
エシオを超えた存在になるかもしれない、ブラジル人フォワードを獲得した。
23歳だけど、加入した当日から5つ星のフォワードです。
もちろん、アシマネが推薦するスタメンにバッチリ入ってるし、
どのコーチに聞いても、彼が最も優れたフォワードだと発言してるし。
しかも、かれはフォワードだけじゃなく、左サイドもできるので、
ペレスの穴も半分うまる。

1億6000万も使った
12/30 ロコモティフからオファー来た。
ロシアの名門です。
ロシアはねぇ、シーズンの時期がずれるから日記が書きづれぇんだよ。
次のクラブ移るときもやりづれぇし。
それに、欧州との自由移動協定の外にある国なので、
ロシア人以外は、すべて外国人なのだ。
で、リーグ戦は5人しか外国人入れられないのに、ロコモティフは13人も外国人いた。
(ロシア国籍持ってる選手もいるんだろうが)

ということで、お断りです。

ゼニトからのオファーなら考えても良い。
1/1 ペレスのオファーは保留
安すぎる。
1億で返答したらステアウアから断られた。
1億以下で出すくらいならあと半年チームに加わってもらって、
リーグ優勝に貢献してもらったほうが、利益が多いと試算してみた。
でもー
出て行くのはほぼ確定なので、引継ぎの選手を優先的に出して、ペレスはサブ起用に切り替える。
1/10 新加入のブラジル人フォワード
最初の親善試合(Vs Legia:ポーランド)で、3〜4週間の故障しました〜〜〜!

だっせぇ。
1/16 ボス契約交渉
ああぁ・・・
また、良い選手と契約が進んでます。
これはつまり・・・、
来シーズンも、このチームからだれが抜けようとも、すでにチーム力のアップが保障されたということだ。

あかなな監督は、
もし、今シーズン、ポリテニカがリーグ優勝したら、このチームは辞任する予定だ。

たとえ優勝したとしても、その戦力でUEFA CLを満足に戦い抜くのは到底、無理だ。
世界制覇の夢の実現のため、
監督も常にステップアップを目指していかなくてはならない。

移籍することになりました。
かわいがってやっていたのに。
クピリエンコが大怪我で離脱してから出番が増えていたが、そこらへんでのプレイが、
世間に認められたらしい。
最初は、オファー断っていたんだけど、そしたら、クピリエンコが苦情を言ってきたので、
すぐに放出することにした。

お得意さんのステアウアは、この冬もかなりウザイ。
デシャン・テシク がどうしても欲しいらしいので、シーズン終了後に2億で返答したら、それでもオッケーつうことで、
売ってあげることにした。
本人も行きたいみたいだし。

夏に合流して、すぐに長期の入院をしていたサヴィッチも、ようやく怪我から復帰し、
親善試合で調整しているのだが、そのサヴィッチにもステアウアからオファー。
なめんなよ。
ジャイアンかよお前は。(あ、ジャイアンツか)

まぁ、今シーズンのポリテニカ、かなりリーグ上位の成績で、
選手もすさまじく評価があがってます。
たぶん、夏の終わりごろまでには、いまの中心選手、半分はいなくなっいる気がする。
その頃には、監督もここには居ないけどね。

ちなみに、ペレスは、すでにClujへのボス移籍が決定してます。


不幸中の幸いは、クピリエンコが大怪我で移籍の対象にされてないってことっすね。
ウチェがあと1週間で回復するっつーと、もう、あちこちからオファーきてるし・・・

ポリテニカっていったんなんなんだ。
なんのためにあるチームなんだ。
2/24 後半戦に向けて
移籍期間もあとわずかです。
もうこれ以上は、オファー来ても無視!

日付
- IN - 移籍先 金額
12月29日 FW パウロ・ロベルト São Caetano ¥160M
1月29日 DF イオアン FC Timisoara ¥32.5M
2月24日 MF ミハイ Steaua ¥50M





日付
- OUT - 移籍先 金額
1月29日 MF ローランド・パスカ FC Vaslui ¥8M
1月29日 DF イオニカ Petrolul ¥11M
2月18日 FW オラリウ FC Ploiesti ¥67.5M

上記に加えて、 デシャン・テシク のシーズン終了後2億というのも、あるので、一応今回も、資金的には黒字ってことで。

よくこれだけですんだぜ
2/26 Liga I Burger Away Vs Dinamo Bucharest
後半戦のスタートです。
相手は、開幕戦の相手、ディナモ・ブカレスト。

イマイチだった。
まぁ、相手も強いし。

1-1 Draw

3/2 Liga I Burger Away Vs Gaz Metan
試合後、ドリネルが故障した。
試合には、1-0で勝ったが、フォワードが・・・・
クピリエンコとあわせて24得点の攻撃力が失われた。
ストライカーだけじゃなく、ペレスの動きもデシクの動きもかなりイマイチだった。
でも、まだ首位だ。しかも2位と8差だ。
負けないぞ〜〜
3/4 こんどは、中盤の、ポペスク
全治2〜3ヶ月だって!!!
なんなんだよ!
優勝させてくれよぉお!!
3/6 Liga I Burger Home Vs Craiova
試合には、1-0で勝った。
が、

新加入のブラジル人フォワード、パウロ・ロベルトも全治2〜3週間!
すごいな!
すごいよ!
フォワードばっかりだぜぇ!

4-4-2の戦術が組めなくなりました。
1トップに変更する。


3/15 守護神バルサンも故障
でも、5日〜8日なので、1試合か2試合出られないですむ。
それと、クピリエンコがようやく軽い練習に復帰した。
まってたよ。
今は、4−5−1の戦術を組んでみているが、
中盤争いに強くなったしシュートチャンスもけっこうあるが、シュートがまったく入らない。
でも、まだ首位。

そろそろやばい。
フォワードの回復と、復帰後、スムーズに元のパフォーマンスに戻せるかどうかにかかっている。

3/19 ドリネルが練習に戻った!
あと1週間くらいで、試合に出せそうだ。
ドリネルとクピリエンコの2トップに戻せれば、どーにかなる!
3/20 Liga I Burger Home Vs Rapid Bucharest
復帰したばかりのドリネル。
コンディション90%だったので、思い切って2トップに戻すことにした。
んで、
やっぱ、4−4−2だわこのチーム。
もう、2.5シーズンをこの戦術でやってるからねぇ・・・

で、久々に勝利。
ドリネルも後半の途中から出場して、試合勘のチェックさせといた。
あとは、クピリエンコだ・・・
ひょっとしたら、まだ1ヶ月くらいかかるかも・・・

1-0 Win
4/3 Liga I Burger Home Vs Steaua
お得意さんのステアウア戦です。
良い仕事すれば、オファーがくるぞ、みんな!
がんばれよ!

エシオも、ダンバルクも先発してました。
すごい大激戦。
90分まで0-0だったが、ロスタイム。
コーナーキックから、故障明けのドリネルのヘッド!!
すばらしい勝利だ。

1-0 Win
マンオブザマッチは、ステアウアからラブコールがかかる、移籍有力候補のセンターバック、サヴィッチでした!
アピールしたな〜こりゃ。

とにかく、オファーが鬱陶しいルーマニアのジャイアンツ、ステアウアに勝利した。
ものすごくうれしい。

ポリテニカ。
2位と8差の首位にもどした。
リーグ優勝がいよいよ現実味を帯びてきた。
4/14 カップ戦敗退!!
相手は、Clujでした。
フォワード不足、中盤不足な上、中二日だし!!
無理だよ!

リーグ優勝1本にしぼろ。
4/23 引き分けがつづいているが・・・
クピリエンコが、やっと試合にでられるまでに回復した。
最近、2試合に後半途中出場した。
次くらいから、90分いけそうだ。

リーグ順位は、まだ首位だ。
引き分けが続いているけど、2位との差はまだ7差。
のこり6試合。
2位以下は結構混戦で、勝ったり負けたり引き分けたりの熱い戦いを繰り広げてくれているので、
引き離して単独首位のポリテニカの優勝は、3〜4連敗しない限りほぼキマリです。
5/8 その後2連勝
クピリエンコが先発メンバーに復帰。
でも、まだ復帰後ノーゴールです。
それ以外の選手も全員怪我から復帰し、奇跡的に全員揃ってます。
残り4試合。
勝ち点差は9になりました。
1勝1引き分けで優勝。
5/11 Liga I Burger Away Vs Cluj
相手のClujは、現在リーグ2位です。
なので、Clujは、このホームゲームを落とすと、ポリテニカの優勝が決定します。
ということで、Clujは、スゲー気合はいってました。
なんで、こんな試合で、こんなアマちゃんの審判が笛吹くのか疑問だ。
選手が保護されないため、せっかく故障者ゼロ人だったのに、2人が負傷。
仕返しをすると、こっちにばかりイエローが配られる。
しかも惨敗。
故障したのは、中盤の要人、コスミン・イオニタと、新フォワードの、パウロ・ロベルトです。
パウロ・ロベルトは故障しすぎだぞ。

半年もしないうちに、もう3回目だぞ。

ふたりとも、2〜3週間の怪我だけど、あと3節なので、今期は終了です。

この試合の笛を吹いた審判は、ポリテニカの優勝を阻害したほか、
ルーマニアのリーグ戦はまだまだ楽しめるという経済効果を残したことで、満足なのだろう。

0-2 Lose
5/18 なんと来年
2012年のUEFA CUPは、ルーマニア開催だそうです!
ポリテニカのUEFA CLへの出場は、すでに確定だが、途中で負けてCUPへスライドする可能性はある。
だとしたら、地元チームとして優勝を狙える最右翼にいるのがポリテニカのような気も・・・

でも、プレッシャーに弱いしね。
過度の応援がアダになる可能性の方が高い。
5/21 CLファイナル
たまたま目に入ったので・・・

バルセロナとユベントスのファイナルでした。
現実にあっても、面白そうなファイナルっすね。

会場は、Wembley(London)で、バルセロナが1−0で優勝した。
5/25 Liga I Burger Home Vs Progresul
相手のチームは、降格圏の最上位にいるチームです。
ポリテニカは、ここを勝てば優勝。

で、
待てど暮らせど、一向に点の入る気配がない。
どこにシュートうってんの・・・
中盤でのボールの落ち着き具合もだいぶわるい。
(天候が、突風+雨っつーのもある→天候までもがポリテニカの優勝を阻む)
が、
ついに決めた。
ドリネルのヘッド。

左サイドからのクロスボール。

浅い位置からクロスを入れたのは、
来シーズンのフリー移籍が決定している、ガブリル・ペレスでした。
ありがとうよ、ペレス。
ペレスはチームでの役目を完全に果たした。
ファンもチームメイトもクラブスタッフも、もはやヤツの移籍にだれも文句は言うまい。

今日の優勝までの軌跡において、
もっとも重要な役目を果たしたのは弱冠19歳のペレスだ。
初出場の開幕戦のプロ初ゴールから始まって、
この日、初優勝をもたらしたアシストに至る貴重な3年間。
自らの青春と可能性をチームに捧げ、ここに栄冠をもたらしたのだ。

ヤツはこんなところに留まっているべきウツワじゃない。
これからは、ペレス自身の成功をチーム一丸となって願おうじゃないか。
ペレスの旅立ちを祝おうじゃないか。

1-0 Win


6/1 辞任しよう!
10/11 ルーマニア Liga I Burger 第1位 22勝 9分 3敗 53得点 24失点
09/10 ルーマニア Liga I Burger 第4位 19勝 10分 5敗 62得点 29失点
08/09 ルーマニア Liga I Burger 第9位 12勝 14分 8敗 46得点 36失点


昨シーズンよりも少ない得点で優勝できました。
なんつーか、リーグが全体的に後退していた感を感じました。
ポリテニカ以外の上位チームが軒並み戦力ダウンしていたような、そんな感じ。
ステアウアなんか6位だし。

さらば、ポリテニカ。
楽しかったよ。

6/2 ためしにHearts(スコットランド)に就任希望表明
悪くない反応でした。
非常に不安定ではあるが、現在も監督が就任中なので、べつをあたることになるわけですが、
現時点での名声チェックということで、ノックしてみた。
ハーツでこの反応なら北欧、ベルギー、ギリシャあたりならけっこういいところにいけるかも

6/2 え?

6/2 ええええええぇぇぇ!!!?

6/2 そんな・・・アホな・・・
FM2008のときは、こんなこと無かった!!

就任希望したら、現監督、即クビで、ウチにオファーきた!!!

そんな・・・アホな・・・
名声チェックのつもりだったので、ハーツに就任する気なんてなかったんだけど・・・;;

ことわったら、そりゃヒドイよなぁ・・・・

しょーがねぇから、ハーツいくか・・・

6/3 ということで!
次回から、スコットランド編になるみたいです・・・。

乞うご期待!!


- By FMnote -