このページは、筆者のFM2009プレイ日記なので、 実際の個人・団体及び 世界のサッカーシーンとはなんの関係もありません

FootBallManager 2009

    〜 I am 日本人 〜 欧州風雲児 09仮想世界編
    ■ 選択国およびリーグ
    全20カ国25リーグ

    - 1部+2部(5カ国10リーグ)

    イングランド/ フランス/ ドイツ/ イタリア/ スペイン

    - 1部リーグのみ(15カ国15リーグ)

    ベルギー/ チェコ/ デンマーク/ ギリシャ/ オランダ/ ノルウェイ/ ポーランド/
    ポルトガル/ ルーマニア/ スコットランド/ スウェーデン/ スイス/
    トルコ/ ウクライナ/ ロシア


    ■ その他ルール
     架空の選手を使う  選手の能力隠す、DBデータ量 普通、DDT読み込み→日本
    ■環境
     FM2009UK Ver9.03
    ■マシンスペック
     CPU:Core2 Duo 3G メモリ:PC2-4200 2Gbyte HDD:ATA/300 7200rpm
     GP:Radeon 2600XT
     OS:WindousXP 2002 SP3

    言語ファイルは、 Football Manager 2009 日本語 翻訳wikiのものを利用させていただいてます。


8/12 開幕戦 Premier League Home Vs レンジャース
開幕です。
開幕男、ペレスの初ゴールに大いに期待したのですが、
そんな幸運、何度もつづくわけもなく・・・
しかも、残念なことに、味方のゴールはひとつもなかった。

昨シーズンのハーツと比べたら、遥かにマシな内容だったが、
開幕のホームゲーム、惨敗。
痛い敗北。
期待のアリ・カドリ も、ぜんぜんチームにフィットしてなかった。

ってゆーか、次のガラタサライ戦のために、開幕のレンジャース戦、若干メンツおとした。
まけたくねーもんよぉ〜〜、UEFA CUP
8/16 UEFA CUP 予選4回戦 1st
Away Vs Galatasaray(トルコ)

強豪です。

でも、オッズみると、大差というわけでもなく、
実際試合始まってみても、互角でした。
アウェイでこの試合ぶり。
しかも、14億のフォワード、アリ・カドリの先制弾!
この男!、やはり獲得してよかった!!!

その後も接戦だっで、結局ドローだったけど、これは「勝利」だ。

2-2 Draw

8/20 Premier League Away Vs インバネス
勝てない。
チームがチームとして機能していない。
昨シーズンの出だしと、あんまりかわらん。

1-1 Draw
8/25 Premier League Away Vs フォルカーク
まずいよ。
昇格してきたチーム相手に、大接戦のすえ、なんとかドロー。
ぜんぜんダメ。昨シーズンよりヒドイじゃん!
なんなのこのチーム!?

1-1 Draw

ただ、ペレスは贔屓目じゃなく良く働いている。
2年目の中盤のパスのいい加減さが目立つ。
8/31 UEFA CUP 予選4回戦 2nd
Home Vs Galatasaray(トルコ)
なんなんだ!
どうしたんだ!
昨日までのハーツはどこへいったんだ!?

もしかしたら、セルティックとタメはるかそれより強いかもしれないトルコの強豪相手に!



いつもは、40%を切るパス成功率が、今日は69%!
タックルなんて100%!

うむ〜〜〜〜。
やはり強いぞ、今シーズンのハーツ。
今はまだ、波が激しすぎるだけだ。

4-1 Win

アリ・カドリは、まだ、ガラタサライ戦でしか得点していない。

8/25 Premier League Home Vs セント・ミレン
ペレスの初ゴール!!
が、この試合の決勝弾でした。

ありがとうペレス・・・
ハーツにようやく!、今シーズン、待ちに待ったリーグ戦初勝利をげっと!

2-1 Win
9/18 UEFA CUP
グループGの第4シードだそうです・・・。
勝ち抜けたい・・・

相手は、
Malmo FF(スウェーデン)
Pari Saint GermainU(フランス)
Feyenoord(オランダ)
の3チームです。
Malmoには、勝てるだろ。たぶん。

あとは厳しい。
9/20 UEFA CUP グループG #1
Away Vs Malmo FF(スウェーデン)
うむ。まぁまぁな内容だったが、お互いに中盤のパスが雑で助かった。
相手のMalmoも昨シーズンちょっと飛躍しちゃったばっかりに中心選手が引き抜かれて、
寄せ集めの中盤でやっているのかもしれん。

先制したけど、おいつかれてドローゲーム。
Awayとはいえ、いちばん勝てそうなMalmo相手にドローか・・・

1-1 Draw
先が思いやられるぜ・・・
10/4 ホームの女神
どうやら、ハーツには、ホームスタジアムに女神がいるらしい。
女神が最も嫌いなのは、外国のサッカーチームだ。
ハーツというよりも、スコットランド各地のスタジアムに出没する、女神がいるのかもしれないが、
今日のUEFA CUP。
フランスの、パリ・サンジェルマンを迎えての試合だったが、
前回のガラタサライ戦と同様、
素晴らしいチームワークと勝利への執着心で、見事2−0で、パリサンジェルマンを降しました。

スコットランドは、ホームで強い!


ちなみに、リーグ戦はヒドイ。
ハーツは、1勝5引分1敗。
まだ1勝しかしてない。
8位です。
11/4 14億円故障
リーグ戦で、3勝目を、Aberdeen相手に飾って、5位に浮上した。
が、14億のアリ・カドリが3〜4週間の故障。
今のところ、16試合9得点。
ただし、リーグ戦ではわずか3得点・・・・・・・・

期待していた成績からは程遠い
11/12 レンジャースに勝った。
しかも、アウェイで。2-1で勝ちました。
ターニングポイントの予感・・・。

リーグ表を見た。
なんとまぁ・・・
苦労していたのは、ウチだけじゃなかった。
2連勝しただけで、8位から2位にアップ
(その後ハイバーニアンがキルマーノックに勝って3位になったが)

順位 チーム 引分 勝点
1 Rangers 12 8 0 4 19 9 10 24
2 Hearts 12 4 7 1 15 13 2 19
3 Aberdeen 12 5 3 4 18 14 4 18
4 Hibernian 11 4 6 1 17 13 4 18
5 Dundee Utd 12 4 6 2 13 10 3 18
6 Celtic 12 4 5 3 12 7 5 17
7 St. Mirren 12 4 4 4 14 16 -2 16
8 Inverness CT 12 4 3 5 15 16 -1 15
9 Livingston 12 4 2 6 10 16 -6 14
10 Motherwell 12 3 3 6 10 16 -6 12
11 Kilmarnock 11 3 2 6 16 17 -1 11
12 Falkirk 12 1 5 6 8 20 -12 8












平たい序盤戦。
順調に勝利を重ねているのは、レンジャースだけで、あとはみんなどんぐりの背比べでした。
この表をどう分析するかは、難しすぎるが、
うちと同じく、後半戦から調子を上げてくるチームもきっとあるはずだ(セルティックとか)
まだまだ、これからだぜ。

11/24 キーパーが優秀すぎるんじゃないのか?
その後1勝1引き分け。
キーパーが優秀すぎて、点が入らない。
だから、あんな平たいリーグ戦になっちまってるんじゃ・・・

12/5 バ君、全治4ヶ月
今シーズン、出番が増えて、9試合3得点と活躍している韓国代表FWのバ君
大きな試合も小さな試合も、安定してそこそこの活躍をしてくれるので、
3〜4番手フォワードとして非常に重宝しています。
韓国代表でも、活躍していて、今年だけでもすでに5ゴール
なのに、大怪我です。
今の時期、大怪我すると選手のステップアップにも影響する。
たぶん、どっからのオファー無く、来シーズンもハーツで3〜4番手フォワードやってくれていると思います。
12/9 う〜む・・・む
やっぱり、どこもかしこも、ゴールキーパーが優秀すぎるよ。
ぜんぜん点がはいらねぇ。

ドローが多すぎる。

そろそろ、この国のリーグやめようかな・・・
12/19 ・・・っていってるそばから・・・
オランダからオファー来た。
Heerenveenだって。
オファーの理由は、前任者がVitesseに引き抜かれたためらしい。

オランダのレベルからすると・・・弱い・・・(ハーツよりは強そう)

でも、いまリーグ5位みたいだ。
まぁ、だとしても、優勝するのは、スコットランドのハーツよりはるかにむずい。
うーむ。
なやむなぁ〜〜。

やめた。

スイスの代表ポストがあったので、そっち応募してみた。

12/21 んでオランダに遠征
UEFA CUPのグループステージで、フェイエノールトと対戦。
ハーレンベーンより遥かに強いチームだ。
んで、みごと勝利してしまった。
リーグ戦と違って、UEFAは、少なからず撃ち合いに発展するので、
(スコットランドだとセルティックとレンジャース以外、相手チームはどんびき)
点も入りやすいのだろうか・・・

Away Vs Feyenoord
2-1 Win

グループステージ突破したって!
q がついた^^!

ハーレンベーン行かなくてよかったぜ!

次の相手の抽選会ありました。
次の相手は、ドイツのシュツッツガルトに決定。
強敵だ!

イタリア代表のポストも空いたので、記念に応募した。
スイス、合格しそうな予感する。
12/23 ナイス!スイス!

就任した!
スイスは、1部リーグを選択している国なので、選手けっこういます→1052名

ちなみに、ライバルはイタリアなんだって!
”ローマ教皇の近衛兵”なのにもかかわらず、イタリアが最大のライバルだなんて・・・

スイスは、わりとマイナーな気もするが、
リーグは弱くとも、代表は結構強いよな。
なんだかんだいって、ワールドカップにも、EUROにもよく出場している。
まぁ、主要国とくらべたらだいぶ溝あるが、
オランダみたく、主要国で活躍するスイス人選手をかき集めると結構強い国なのだよね。
不足しがちなのはフォワードなのだけど、この世界のスイスはフォワードもまぁまぁだ。
そんなわけで、楽しみです。

[ スイス代表の予定は・・・ ]

ワールドカップ地区予選は3位でした。
たぶん、来年プレイオフに行くことになると思う。
まけらんねーぞぉ〜〜
首尾よく出場権確保できれば、あかなな監督は、監督として2大会連続本戦出場だ。

ぱっと、選手を見渡してみたが、実力的は、イングランドプレミアで中位かそれよりチョイ上くらいか。
12/26 セルティックにも勝った
昨シーズン、リーグ優勝をしているセルティックも、今シーズン、不振にあえいでます。
おそらく監督は、クビ寸前。へたすりゃ、来シーズン、ハーツやめて、セルティックのポスト狙えるかも。

セルティックと、ハーツ。
ゴール前での戦術がとても似ている。
いわゆる王道。崩しを主体とした、攻撃展開をしている。
ハーツは、サイドからクロスでえぐる系。
セルティックは中央からドリブル、あるいはパスで突破し、
バイタルの手前あたりから、サイドに振って、ディフェンダーを散らす。

でも、これだと!まったく入らない!
ゴールキーパーが信じられないようなセービングを連発してしまう。
逆に、うちら以外の下位チーム。
かれらは、ディフェンスラインの裏を狙った、一発が多い。

もしかしたら、ここらへんに打開策があるのかも・・・

とりあえず今日は、セルティックとの崩しあいの結果、1−0で勝利した。



2013年
1/1 スコットランド人がバロンドール受賞。
アーセナルに所属するスコットランド人フォワードがバロンドール受賞した。
快挙だ。
1/2 スイス代表
ヨーロッパ予選まだ終わってませんでした。
現在3位で、まだ7試合くらいのこってた。

もちろん1位を目指したいわけだが、この組で本命はドイツ。
よもや、ドイツがプレイオフ行きなんて夢にも思わない。

それと、
直近で予定されている親善試合の相手は、なんとルーマニアです!
ルーマニア代表に、カタカナが振られている選手3人いる!
(ペレスは、Under21代表なので、A代表には参加してない)
カタカナ振ってある選手は、元ポリテニカか、現在もポリテニカの選手だ。
わかりやすい。識別しやすい。
1/3 移籍のシーズンなわけだけど
現時点で、チーム構成には、とくに文句は無い。
チームは成績不振なので、オファーも少なそう。
ということで、あんまり動きは無いかもしれない。
一応、ボスで2人にオファー。

ってゆーか、ハーツの監督、今季一杯というウワサ。

1/12 戦術を変更する
例の、裏狙い重視な攻撃展開を想定して、戦術を変更してみることにした。
今日の試合は、公式戦だけどカップ戦で、格下のリーグのチームが相手なので、ちょうど良い。

んで、↓これ

ディフェンスラインと中盤が恐ろしいくらい間延びするが、
いろいろと矢印の向き変更とかやってみたけっか、
攻撃という点では、矢印は、センターハーフのみが一番いい感じだった。
今まで通りの崩しもあるし、裏狙いもできる。
ウイングが広がりすぎて、フォワードが孤立しがちなのが、やや問題点だ。

結構、攻撃的な4-1-4-1です。
まだ、調整中です。
1/25 んで、戦術の効き具合
なかなか良いです。
でも、果たして戦術の成果なのか、チームのまとまり具合の向上なのかが判断つかない。
4-1-4-1にしてからは、パスの成功率が上がり支配率も向上。
もともと、タックルや、ヘディングには強いチームなので、ディフェンスは良いわけだが、
シュートもまぁ、決まるようになってきた。
(シュートの本数が毎試合ハンパじゃない)

んで、この戦術で1勝1分けです。
1/26 レンジャース戦で4-4-2に戻す
首位のレンジャースと勝ち点差、7。
セルティックも調子を上げてきて、2位ハーツと1差で3位です。
いつも通りの決まりきった展開で、今シーズンはおわるのか・・・

故障していたフォワードらが復帰したので、2トップの4−4−2にもどした。

素晴らしい内容だった。
パスの成功率は、若干落ちたが、これまでよりはだいぶ良い。
クロスの成功率も20%。
そして、なによりレンジャース相手に、シュート20本。枠内8本。
で、3度の決定機をすべてモノにし、

3-0 でレンジャースに勝利!

すごい圧勝でした。
首位との勝ち点差が4になった。
優勝狙えます。

1/31 リーグカップ、準決勝
CIS Insurance Cupの準決勝です。
んで、セルティックと激突。
んで、大敗。

でも、これで、後のスケジュールが少し楽になった。

0-3 Lose
2/13 スイス代表
親善試合 Away Vs ルーマニア

ルーマニア語を話す日本人監督が、スイス代表を率いてルーマニアへ遠征です。
なんとも不可思議な構図だ!

ルーマニア時代の教え子だった選手では、ゴールキーパーのバルサンがルーマニア代表で先発。
バルサンは、今でもポリテニカの守護神みたいです。
まだ25歳のバルサンは、将来も有望だ

いつもなら召集されている、ダン・バルクはケガでもないのになぜか居なかった。

スイス代表は・・・、
時間をたっぷりかけて、代表メンバーを選出しました。
まぁ、親善試合だし。
とりえあずの25人を選んで、本日スタメンとベンチ入りの選手にだけ、カタカナふりました。

で、試合。
目だった選手は3人。

    ストレーゼル - FW
    ルーマニア相手に2得点。
    スピード感あってよかった。
    クラブでは、あんまり活躍しておらず、ドイツのケルンで、5試合1得点。
    この夏、移籍しろ!

    マヌエル・ロッシーニ - DF
    後半から途中出場した左サイドバック。
    ドリブルのテクニックやマーキングの効き具合を始め、 ストレーゼルの2点目のアシストもした。
    が、彼の責任70%のミスで味方の失点にも絡み、よくも悪くも目立つ選手だった。
    所属は、スイスのヤングボーイズで、レギュラーのようです。
    次の試合も左サイドバックは彼を起用したいが、
    前半から出場していた本来のサイドバックは、キャプテンなんだよねぇ〜〜。
    キャプテンを差し置いてでもスタメン起用させる理由があとひとつ何か足りない選手だ

    クリスチャン・ザンニ - DF
    33歳の割りに、代表出場25試合のベテランセンターバック。
    とてもよかった。
    高いし、頭脳あるし、テクニックも上級です。
    あと1〜2年は、スイス代表の壁で居てほしい選手だ。

ということで、試合は、2−0でスイスが勝った!
アウェイでルーマニア勝った!

中盤争いに非常に強く、パスも精確で、守備の動きもとてもよかった。
得点の期待できるストライカーも、ストレーゼルだけでなく、あと2人くらいいそうなので、
なかなか、期待できるチームです。

2/22 UEFA CUP 決勝トーナメント
Home Vs Stuttgart(ドイツ)
善戦した。
あと少しで完封ってところで、失点。
あ〜〜、この失点が無ければ・・・
Stuttgartにとっては、次につながる貴重な1点。

国際舞台では、結構強いハーツだ。
優勝したいなぁ〜〜

2-1 Win
2/28 UEFA CUP 決勝トーナメント
Away Vs Stuttgart(ドイツ)

んで、セカンドレグ。
善戦した・・・。
突風+豪雨+2℃という、劣悪な環境での試合でした。
ここが海上だったら船が転覆するくらいの嵐の日です。
怪我人が出ないことを祈りつつ、試合。

8分に、Stuttgartが先制。
で、34分に、サンダの同点ゴール。
アウェイゴール数で並んだので、あと1点とられても負けなくなった。
で、後半、開始早々、わずか25秒で、Stuttgartのゴール。
これで、アウェイゴールと、得点と双方で同点の3−3になった。
すでの、両チームとも選手くたくた。
ハーツの選手は、いますぐホテルに戻って暖かいシャワーを浴びたいと思っているはずだ。
で、その後、得点が入ることはありませんでした。
敵も味方も、何もかもが適当、いい加減。
サッカー選手を続けることの意味をひたすら考えながら、
嵐の中で走り続けていたに違いない。

んで、とうとう延長終わって、PK戦。
こうなると、ホーム有利だよな・・・

んで、9人目のキッカー、マルティン・ウルバンがはずして、ハーツの敗北が決定。

負けました・・・、UEFA CUP。
ヒドイ遠征試合だった。
負けたチームの選手は、身も心もぼろぼろになりながら、嵐が引いた後の飛行機に乗ったとさ。


3/27 スイス代表
ワールドカップ欧州予選 Home Vs キプロス

下馬評では、楽勝だそうです。
キプロスも結構いいフォワードいるので気おつけたいが、
この世界でも、スイスのディフェンスは優秀です。

ただ、守護神予定の選手と、中盤の選手が怪我で欠場。
ベストメンバーと考えられる選手がそろいつつあるが、ケガで離脱なので、今回も選手表は作らなかった。

まぁ、相手も強そうではないし、ホームだし。
この試合も、テストマッチのようなつもりで。


スイスは、プレイスキッカーで、優秀なのがいない。
なので、フリーキックはもちろん、コーナーキックでも、せっかく空中戦に強い選手が多いのに、
いまいち、活かせてない気がする
かといって、ショートコーナーを使うほど、想像力やテクニックに秀でているというわけでもない。

さて

一時同点に追いつかれたが、ストレーゼルが今日も2得点。
危なげなく勝利した!
なかなか面白いぞ!スイス代表!!
同組みの、ドイツがつまらない相手に勝ち点を取りこぼすことを祈るばかりだ。

3-1 Win

★今日のスター選手
今日の試合では、右サイドバックの、ヨハンヌ という選手が、アシスト3本のアシストハットトリックを決めた。
つまり、この試合の全得点のアシスタントということだ。
2008年からのスイス代表史上最多での1試合最多アシストだ。
まだ、ハタチの、あかなな監督大抜擢の若手サイドバックです。
試合前は、アシスタントマネージャがメンタル面をかなり心配していた選手なのだが、
終わってみれば、スイスのサッカー史にその名を刻むほどの大活躍でした。
所属は、セルビアのレッドスターベオグラード。
もちろん、帰りのバスで、ベテラン選手に、クラブに移籍嘆願をするにはどうしたらいいか?
を、ねほりはほり質問していたとかいないとか・・・


4/26 ほったらかしのハーツ
ハーツ、ほったらかしです。
ハーツの試合の日は、監督は休暇で、スイス代表の候補者探しに奔走してます。
たのしいよぉ〜〜スイス代表〜〜
Under21も、やっちゃおうかなって、ちょっと思っちゃってるくらい。
でも、いくらがんばっても、スイス代表で、ワールドカップを優勝するのは、結構ムリなので、
Under21からの一貫教育は、また別の機会に・・・。

で、リーグ戦の近況は、
すでに、ファーストシーズンが終わり、残り5試合のセカンドシーズンに突入するところです。
ファーストシーズンの最後の2試合。
3差で3位を追いかけるセルティックとドローにして、2位キープしたのに、
そのあとのマザーウェル戦でまさかの敗北。

おいぃ〜〜アシマネ〜〜〜、あにやっちゃんてんのぉ〜〜。

んで、セルティックとは、勝ち点差で並び、得失点差でハーツが3位に後退した。
でも、3位は予定通りの順位だ。
これ以上下げないように、残りの5節を消化してくれよな、アシマネ君。

カップ戦。
リーグカップは敗北したが、スコットランドカップにはまだ勝ち残ってます。
次、準決勝で、マザーウェルと対戦。
優勝できる可能性は、、、十分ある!
4/29 んで、セミ・ファイナル勝利
アシマネの指揮によって、ハーツは、スコットランドカップの決勝に進出した。
決勝の相手は、同じくセミ・ファイナルで宿敵レンジャースを倒したセルティックです。

リーグ優勝は、ほぼレンジャースに確定しているので、せめて、カップ優勝はとりたいセルティックも、
この試合に燃えているはずだ。

5/16 アリ・カドリ
アリ・カドリ。
今シーズンの初めに、クラブの運命を賭けて、14億と7000万で獲得した、チュニジア代表フォワードです。

序盤はイマイチだったけど、今にいたっては、まぁまぁな成績でした。
今シーズンは、42試合21得点5アシスト。
ケガも、スコットランドで戦いながら、数回の軽傷で、2〜3試合休んだだけです。
頑丈で、割と信頼の置けるストライカー。
おまけに、アラビア語、フランス語、ポルトガル語を使い分け、
この1年で、英語まで覚えてしまって、英語圏の上位クラブにしたら、
かなりお得な選手です。

なので、レンジャース、セルティック、イングランド・プレミアリーグはもちろん、
ドイツやオランダ、ロシアなどのクラブからも興味が殺到してます。

アシマネは、「ハンドオフ」をしきりに強調してますが、
本人もまんざらじゃないみたいだし・・・

とりあえず、
「15億以上」
だったら、オファー考えます。
と、しておく。

大きな試合ほど、良い結果を出している選手です。
たぶん、スコットランドリーグでは、かれも物足りなさを感じているのではないのでしょうか。
歳も若く(22歳)、スコットランドでヨーロッパサッカーを経験し、
これからますます使える選手になっていくであろう若者です。
サッカー先進国のリーグへいってもエースとして活躍できることでしょう。
15億でも安いと思うぞ。

彼が所属する1年というわずかな月日は、
ブレンダや、サンダといったハーツの若手ストライカーが成長するには十分な時間でした。
来シーズンは、彼ら若手でもやっていけるはずだ。
なので、15億で売れるのであれば、アリ・カドリとの取引は、利益の多い結果であったと思います。
5/19 リーグ戦が終了!!
3位でした!
4位はアバディーン。
去年と大してかわらない・・・・

優勝は、レンジャースでした。

あと、1試合。
スコットランド・カップの決勝が残ってます。
優勝してほしい・・・
6/1 スコットランド・カップ決勝
決勝です。
セルティックと対戦しました。
でも、アシマネにまかせちゃいました・・・

会場は、Queens Parkのホームスタジアム、ハンプデン・パークです。

試合は、延長戦で、セルティックが先制。
んで、セルティックが優勝。ハーツは準優勝。

なかなか良い成績だったじゃないか!

さぁ!、次のクラブ探しだ!
ハーツを辞任しよう!
(契約はあと2年残るが・・・)


12/13 スコットランド Premier League 第3位 16勝 17分 5敗 50得点 29失点
11/12 スコットランド Premier League 第3位 19勝 12分 7敗 44得点 22失点
10/11 ルーマニア Liga I Burger 第1位 22勝 9分 3敗 53得点 24失点
09/10 ルーマニア Liga I Burger 第4位 19勝 10分 5敗 62得点 29失点
08/09 ルーマニア Liga I Burger 第9位 12勝 14分 8敗 46得点 36失点

昨シーズンより、6点多くとったけど、7点多く失点してた。
それでも3位。
な〜〜んも成長しなかったシーズンだったらしい。

つまらん!
6/3 お!

次の行き先の事情にもよるわけだが、彼らの願いは、可能な限りよい方向へ対処したい。
ファミリーだもんね。

さて、
次は、どこいこっかなぁ〜〜♪
ドイツか・・・、イタリアか・・・、
ダメだったら、ギリシャ、オランダ・・・、ポルトガル・・・、
干されているスイス代表の受け入れがしやすいクラブが理想なんだが・・・
まだ、名声の方が、そこまでおいついてないかも。
あああ、せめて、カップ戦で優勝していれば。
あの敗北は、この就職活動にも影響する痛い敗北だった・・・。
6/4 監督としての名声をチェック
監督ポスト:非常に不安定〜極めて不安定:の中から、もっとも名声のありそうなクラブ、
まず、ドイツで3位のWerder Bremenに就任希望してみた。
そしたら、可能性はわずかしかないとのことでした。
やっぱ、まだまだなんだねぇ。
次に、イタリアで11位のLazio。
ここは、「検討」とのこと。
「検討」でオファーが来る確率は低い。

地方の優勝できるクラブにいくか、中央で降格争いをするか、
という選択肢になりそうな感じでした。



- By FMnote -