このページは、筆者のFM2009プレイ日記なので、 実際の個人・団体及び 世界のサッカーシーンとはなんの関係もありません

FootBallManager 2009

    〜 I am 日本人 〜 欧州風雲児 09仮想世界編
    ■ 選択国およびリーグ
    全20カ国25リーグ

    - 1部+2部(5カ国10リーグ)

    イングランド/ フランス/ ドイツ/ イタリア/ スペイン

    - 1部リーグのみ(15カ国15リーグ)

    ベルギー/ チェコ/ デンマーク/ ギリシャ/ オランダ/ ノルウェイ/ ポーランド/
    ポルトガル/ ルーマニア/ スコットランド/ スウェーデン/ スイス/
    トルコ/ ウクライナ/ ロシア


    ■ その他ルール
     架空の選手を使う  選手の能力隠す、DBデータ量 普通、DDT読み込み→日本
    ■環境
     FM2009UK Ver9.03
    ■マシンスペック
     CPU:Core2 Duo 3G メモリ:PC2-4200 2Gbyte HDD:ATA/300 7200rpm
     GP:Radeon 2600XT
     OS:WindousXP 2002 SP3

    言語ファイルは、 Football Manager 2009 日本語 翻訳wikiのものを利用させていただいてます。


6/8 スイス代表
ワールドカップ欧州予選 Away Vs ドイツ

1位突破最右翼のドイツと対戦。
前半のスイスは、完全なサンドバック状態。
ドイツの最終ラインを一度も突破することができなかった。
ハーフタイム、若干守備調整し、
後半の62分、ついに最初のシュート。
が、ようやく攻撃ができるようになった矢先、
頼みの綱である、エースのストレーゼルが負傷!!
最悪ー

試合を通じて、ドイツのシュートは24本、スイスのシュートはたった4本。
それでも、このスコア。

0-1 Lose

スイスは、守備に関しては、信頼していいと思う。

ストレーゼルは全治4週間とのこと。
6/12 スイス代表
ワールドカップ欧州予選 Home Vs リトアニア

エースのストレーゼルが故障してしまったので、2番手、3番手ストライカーでの試合でしたが、
結構、楽勝でした。
思った以上に、この世界のこの年のスイスつよい。
カタカナを振ってないストライカーと中盤が得点して、なおかつ、リトアニアを完封
リトアニアに、シュート2本しか撃たせなかった。
(ま、うちもドイツに4本しか撃たせてもらえなかったけどぉ)

2-0 Win

次は、9月なので、クラブ監督のポスト探します。
いまいち、いいポストがない。ってゆーか、監督がクビにならない。
6月中に決めたいのだが・・・
6/26 ない・・・
3大リーグは、まだダメっぽい・・・
ドイツ、フランスも1部は結構厳しい。
トルコ、ギリシャの上位クラブに希望を出しているが、前任者がまだ解雇されない。
7月になってしまうぅ〜〜〜

選り好みしている余裕がなくなってきた・・・
7/1 ここしかなかったので・・・・

ドイツワールドカップの時、
ほとんどの民放の日本人アナウンサーがその地名をしっかり読めなかった名前のチーム。
→カイザースラウテルンです!

ブンデスリーガで、いまいちパッとしない成績を続けているチームです。
今シーズンは、ブンデス2部で、メディア予測は、5位

んで、チームの内情、最悪です。
ほとんどの選手が、移籍希望。
その理由は、クラブの不調和とのこと。

カネは結構あるが(移籍予算10億)、このクラブを立て直すのは、かなりホネだ・・

守護神も、中盤のキープレイヤーも、エースも、軒並み移籍したい病を患ってます。
ヒドイ。
ほとんど、壊滅状態といっても良いくらい。
7/2 最初の仕事はこれだ。
ルーマニアのポリテニカで、チーム不和を一度経験していて、
あの時は、戦力外の不満選手を解雇しまくって、危機を脱した経験を持つあかなな監督は、、、
やはり、今回も、トップ、リザーブ、の区別なく、
戦力として、考えられそうも無い選手を筆頭に、相互契約打ち切り提案を出しまくった。
打ち切りに同意しないやつは、破棄。

今のカイザースラウテルンは、根元が腐った大木だ。
腐った部分を、一思いに削り、切り崩して、
そこから出てくる新しい枝を、強くたくましく育てていかなくてはならない。
(と思っている)
7/3 で、
1日で、19人を放出した〜〜。
残った(使えそうな)選手の不満がだいぶ消えた。

7/4 コーチも一斉に整理
2人いたアシマネを2人とも解雇。
んで、ハーツを一緒に辞職したコーチにオファーだそうとしたのだけど、
リストに出なかったので、あきらめた。

新たに2人のコーチを獲得し、アシスタントも新採用。
ついでに、スカウトも2人追加した。

一番あたまイタイのは、ゴールキーパーが1番手、2番手、3番手と3人とも移籍志願。
2人はとても優秀なのに、修復不能なくらいまでにチームへの忠誠心下がってます。
早めに、かわりのキーパー探す。
7/5 そうか、このチームは!
昨シーズン降格したんだ!
だからこんなに不満だらけなんだ!

ということで、あかなな監督は、
このチームの昇格だけを目指す!!

昨シーズンから在籍している不満たらたらのエースは、かなりの実力者だ。
このリーグなら大人と子供くらいのレベルの差がありそうな気配だ。
なので、この1年は、どこからオファーが来ようが、彼がどれだけ人間不信に陥ろうが、しったこっちゃあない。
このチームに残れ!
なぜなら、アンタは、「契約した」からだ!
7/6 選手が練習を休みまくっている
すでに3人が練習をさぼりやがった。
すぐさま、問答無用で罰金(14日分)+移籍リスト入り
&、半額でファックス
そんなやつぁ、能力に関係なくイラン!!
7/11 ケルンと親善試合。
ケルン?
と、驚いたけど、ケルンも降格したみたい。
ケルンの選手たちの不満の具合からいって、たぶんケルンも昨シーズン降格のチームだな。

この試合を見る限りでは、
カイザースラウテルンの方が、俄然、安定感があって、強い。
この強さで降格したとすると、そりゃ選手も不満だわなぁ。

つーか、ケルンは、ストレーゼルがいんじゃん!
スイス代表のエースストライカーです!

現段階で、このピッチでも唯一のカタカナ選手でした!

1-0 Win
7/13 ゼニトからオファー
ロシアのゼニトからオファー来たけど、蹴った。
最悪のカイザースラウテルンの復興が、楽しくてたまらない。
7/17 スイス代表
世界ランキング、16位上昇で35位!!
すんばらしぃ〜〜ぃ
↓ご近所さん

7/30 今シーズンの選手決定

がんばりました。
おれ、すげーがんばった。

放出した選手は20人を超え、10人の選手が新たに加入した。

技術的なチーム力をほとんど損なうことなく、不満の8割を解消した。
このシーズンの選手補強のポイントは、強化ではなく、
降格したカイザースラウテルンの戦力低下を如何にして最小限に留めるか
でした。

これでも、まだ、
ルスランドゥフォラークボド・シミットアントゥノビッチ の四人は、不満所持者です。

アントゥノビッチ、段違いの実力者なので、無理やりキープした。
不満を持っていたとしても、彼なら、ブンデス2部の得点王争いができると思う

ゴールキーパーは、総入れ替えです。
言葉の通じない、フィンランドの代表守護神、 ハマライネン の加入は、非常にありがたい。
獲得に9億もかかった。

でも、不満持ちの主力選手を3人放出し、ほかにも、数千万単位の選手を売却して、
そのカネで、フォワード、中盤、サイドバックの獲得ができた。

ということで、ブンデス2部にありながらも、
能力的にも、値段的にも、スコットランドのハーツよりもよさそうなチームです。

初顔合わせの面々も多いが、このシーズン、
簡単に、このリーグを優勝し、昇格を決めてほしいもんです。



- By FMnote -