このページは、筆者のFM2009プレイ日記なので、 実際の個人・団体及び 世界のサッカーシーンとはなんの関係もありません

FootBallManager 2009

    〜 I am 日本人 〜 欧州風雲児 09仮想世界編
    ■ 選択国およびリーグ
    全20カ国25リーグ

    - 1部+2部(5カ国10リーグ)

    イングランド/ フランス/ ドイツ/ イタリア/ スペイン

    - 1部リーグのみ(15カ国15リーグ)

    ベルギー/ チェコ/ デンマーク/ ギリシャ/ オランダ/ ノルウェイ/ ポーランド/
    ポルトガル/ ルーマニア/ スコットランド/ スウェーデン/ スイス/
    トルコ/ ウクライナ/ ロシア


    ■ その他ルール
     架空の選手を使う  選手の能力隠す、DBデータ量 普通、DDT読み込み→日本
    ■環境
     FM2009UK Ver9.03
    ■マシンスペック
     CPU:Core2 Duo 3G メモリ:PC2-4200 2Gbyte HDD:ATA/300 7200rpm
     GP:Radeon 2600XT
     OS:WindousXP 2002 SP3

    言語ファイルは、 Football Manager 2009 日本語 翻訳wikiのものを利用させていただいてます。


2016年 6/5 チェコ代表の23人

注目の選手

シムル (Man Utd)
評価額46億の守護神です。
世界屈指です。
32歳ということもあり、最初の召集から見ると、だいぶフィジカルおちちゃいました。
でも、予測力があがっている!(1ポイントだけど。)


シレイエル (A.C.Milan)
初召集のときからすさまじい左サイドバックでしたが、
評価額62億となり、世界屈指というか、
世界でもたぶんトップともいえる左サイドバックになってしまいました。
まだ23歳です。
もし、彼のポジションがフォワードだったら!!


ベスタ (Tottenham)
シレイエルに負けず劣らずの若き至宝です。
ネドヴェドの再来というよりも、ネドヴェド以上の期待を寄せる選手です。
まだ21歳なんですね!
もし、あかなな監督が、CL優勝クラスのクラブに行くことがあれば、
いくら払ってでも獲得したい!
そんな選手です。
GKのシムルと、左サイドバックのシレイエル、そしてベスタは世界に誇るチェコ代表です。


ペトロ・ポラシ (Inter)
33歳のチェコのエース。
フィジカルが無い。

フォワードの後継者不在というのは、頭のイタイ問題です。

6月6日 EURO2016開幕!
VS ロシア

うち、Aグループなので、開幕と同じ日に初戦です。
最初の相手はロシア!

こちらの時代のロシアも強いが、それよりも遥かに強そうです。
優勝候補とはいかないまでも、準優勝候補の一角といってもさしつかえないかも。

チェコが選択した戦術は、4-1-4-1
ボランチ1枚ハーフ1枚の守備的な1トップでした。

とりあえず、チェコが先制したときは大喜びでした。
もともと、守備固めて、ドローでやり過ごすつもりだったので、
1点とってしまって、勝てる!と思ったのは、いけないことでした。

攻撃に転じてみたところ、あっさり同点。
さらに、逆転ゴールまで浴びてしまった。

1点とって、しっかり守りを固めてさえいれば・・・・
戦略を狂わす魔の先制点だったか・・・

ロシアには、すげーフォワードがいた。

31歳だけど、Denis Volkovという、レアルマドリードのエースみたいです。
31歳なのに、評価額がいまだ42億。
給料なんか、13億7000万だって!!

彼の存在には、試合終わってから気がつきました。
遅すぎた。

1-2 Lose

6/12 チェコ代表 - EURO2016
VS スコットランド
この大会は、スコットランドとウェールズの共催です。
ロシア戦で、敗北こいてしまったので、少なくともドロー。
いや、勝たなくてはならない試合でした。
共催国だからといって、負けるわけにもいかず。

ちなみに、スコットランドは前の試合でアイルランドとドロー。
ロシアが全勝突破してくれれば、ここをドローでも可能性はある。
なので、守備重視で試合開始したところ、
開始して10分で、Inter所属の、 ペトロ・ポラシ のゴール。
ラッキーでした。
今回は、きっちり守らせてもらいました。

チェコ代表は、フォワードしょぼいけど、キープ力とディフェンスは、
優勝候補相手でも十分に通用するレベルです。

そう思うと・・・ロシア戦、ますますもったいない負けだった・・
ぜんぜんドローにできたはずなのにぃ〜

1-0 Win

ロシアがアイルランドを下して、2戦目でとっととグループ予選の突破決めました。
6/14 チェコ代表 - EURO2016
VS アイルランド
引き分け以上で突破です。
アイルランドだって、共催国と同じ、グレートブリテンな国なので、
ひょっとしたら、必死だな。

あかなな 監督の予定では、この大会を最後に、フォワードの後継者がいないチェコ代表は退く予定です。
負ければ、この試合がチェコ代表では最後の試合だ。

次は、低迷したオランダの代表監督やりたいな。

で、
アシマネに試合一任。

あら!っ!

1-2 Lose

負けちった!(シマッタ!!

FIFAランキング9位のチェコ。
開催国のスコットランドと共に、EURO2016、グループ予選敗退。
そして、あかなな監督も辞表の準備を開始。

代表引退を表明中の、 Ales Havranek が、76回目の代表出場で、自身2度目の代表ゴールを上げました。
試合には負けたが、ゴールを飾って代表引退は、さぞや満足であろうのぉ

6/15 チェコ代表監督辞任
辞任しました。
およそ2年の在籍でした。

6/26 EURO2016その後
とんでもない結果でした。
アイルランドは、ベスト8で敗退。
ロシアは、準決勝で敗退。
決勝に残ったのは、イタリアとクロアチアで、クロアチアが優勝してしまいました。

まぁ、EUROなんで、どこが優勝してもOKだけど。

んで、代表ポスト。
なぜか優勝したクロアチアほか、イングランド、ドイツ、ギリシャ、ロシアと、
よさそうなポスト満載です。

まず、ドイツに応募してみた。

7/10 提携クラブ
Ajaxの提携クラブに、スウェーデン1部リーグのHackenがいた。
1部リーグだがAjaxの傘下である。
こいつはおもしろい・・・

Hackenでスタメンはれそうな予備選手、結構いるので、
えりすぐりの若手をHackenに派遣してやることにした。

7/21 だいぶ待たされた結果
ドイツの代表監督にはなれなかった。
他のポストもすっかり埋まってしまったんで、
しばらくはクラブ一本に絞ります。

7/27 UEFA CL 予選
Away Vs Aarau(スイス)
UEFA CLは、予選から参加です。
親善試合2試合で調子あげてきたが、まだまだイマイチな選手多数です。
でも、過去、FM2006とかFM2007の頃は、オランダリーグのクラブは7月中の選手のコンディション最悪でした。
90%に届く選手がほとんどいなかった。
それと比べると、FM2009のAjaxの状態は非常に良いです。

3-1 Win
軽くクリア。

7/28 Ajax2016 選手表

28人。
ちょっと多すぎたか・・・
でも、前年と比べてかなりの額の賃金を節約した。(約7億節約)
さらに、今シーズンは、移籍で3億の利益出してます。

でも、立ち上がりのチーム力は若干ダウンしているかも知れない。

評価額は低いが、各種ポイントは、チェコ代表よりも高いです。
たぶん、逆足の器用な選手が多いからだと思います。
とくに、 ビッシェル は、両足が「とても強い」

リヘティも 見た目のスキルがこれだけ高いにもかかわらず、「とても強い」+「少し強い」の選手です。

日本人の安部たけし
半年間で、ようやくセンター覚えました。
今シーズン期待してます。

それと、スニーデルス
AEKからのボス獲得です。
なので、このチームで唯一、前回との比較ができる選手。

フォワード。
エッサ・モハメッド と、 マシューズ の2トップは、
テクニック(エッサ)とスピード(マシューズ)が融合した、凄まじい決定力を持つ鬼のツートップです。
なんだけど、ケガでなかなか2人そろわない。
加えて、2人にパスを供給する ジャーオや、 リヘティを要する破壊力は、
大陸級であたる強豪チーム相手でも、十分に通用する破壊力持ってます。

弱点は、ディフェンスがちょっと弱い点。
それとこのチームには、プレイスキッカーがいない。
あと、トップレベルのチームと張り合うには、空中戦がかなり苦手です。
でも、スピードを活かしてデイフェンダー振り切って、ロベカルみたいなヘディングする選手が結構多い。

〜8/24 UEFA CL 予選
Vs CSKA Moscow(ロシア)
さっと、2連戦。
けっこう強敵でした。
ファーストレグのアウェイで2-3で敗北した。
でも、ホーム4−0の圧勝。

グループステージへの進出が決定した。


つづく



- By FMnote -