■ FM2009エセ日本語化手順 Windous XP版

※エセ日本語化手段の一つということで。
※Vistaの場合 → フォルダの場所が違うだけで、基本は同じです。同様の構成を持ったフォルダがあるはずなので、根気良く探してください。

2chの情報提供などを元に、FM2009のエセ日本語化手順書を作成しました。
英語版のFM2009を、半分でもいいから日本語化したい方は参考にしてみてください。
ちなみに、下記に記載している以上の操作方法については、どうかご容赦くださいませ。

2chの情報提供者の方、どうもありがとう。マジで感謝


・用意するもの

- 手順1 -

・fontsディレクトリの作成

マイドキュにあるFM2009フォルダにfontsディレクトリを作成します。
そこに、メイリオのフォントファイルを持って、vera、verabdと改名した二つのファイルを配置します。

fm scoreboard.TTFは、たぶんなくても大丈夫です。
(↑やっぱないとダメかも↓)
fm scoreboard.TTFは、適当なフォントファイルをメイリオと同様の方法でリネームして展開すればOKです。
どっかからスキンをダウンロードして、そこに入っているfm scoreboard.TTFをそのまま配置してもOK。



- 手順2 -
FM2009用の日本語対応LTCファイルを作成します。

ちなみに、
FM2009は、LTCファイル内に必要なデータが足りてないとエラーで落ちる というトラップがあるみたい。
なので、FM2008用のLTCファイルをそのまま展開しても、 FM2009で増えた新たなコメントデータが不足しているのでエラーで落ちるみたいです。

ところが、ダウンロードパッチにそれを解決する手段がありました。

ダウンロードパッチには、LTCファイル修正用のchange LTCファイルというのがついている。
なので、これを利用します。

English.ltcファイルの修正用ltcファイル という方式で、Japanese.ltcファイルを適用してみた


まず、LTCエディターを機動しましょう。
機動したら、FM2008用のJapanese.ltcを読み込みます。
んで、下記の作業を行ってください。


・まず、左上に出ている、Japaneseという文字を、Englishに書き換えます。
・次に、それを、FM2009用のLTC ver5にExportします。

・Exportするときのファイル名は、ズバリ english.ltc です。

・Exportしたら、次の手順に進んでください。




- 手順3 -

・確認作業

Exportしたltcを読み込みなおすと、 赤枠の部分が v.5 FM09になっているはずです。

・English.ltcのバックアップの作成と、日本語English.ltc の展開は下記のようになります
(フォルダのパスも下記を参考に。)

・配置する場所は、いつものLanguagesフォルダではなく、 パッチ用の修正Languagesフォルダなので、そこんとこ要注意!


・まず最初に、バックアップディレクトリを作成し、元のEnglish.ltcをコピーしときましょう。
・コピーが終わったら、updateディレクトリの\data\languages\changesにある、english.ltcに、 Exportした、日本語版english.ltcファイルを上書きしてしまいしょう。

これで、エセ日本語化の手続きは完了です。
ゲーム設定の言語選択は、Englishのままで、各所に日本語が展開されるはずです。




この方法なら、正規のEnglish.ltcという言語ファイルの土台の上に日本語LTCファイルを 乗っけるという考えになるので、文章データが不足するということがなくなる。


急仕上げのため、文章とかめちゃめちゃです。
手順というよりも、手法のひとつということで、トライしてみてくださいませ。



- By FMnote -