移籍・レンタルを活性化させる方法
( 2006/04/05(Wed) )
    これはですねぇ。
    選択するリーグを多くするしかないようです。

    それも、横一線ではなく、下に掘り下げる。
    つまり、2部、3部のリーグを多く選択することです。

    たとえば、イングランドは、2部、3部の存在によって、プレミアのクラブはレンタルオファーが沢山きます。
    イタリアは、レンタルに加えて共同保有というビジネスがよりいっそう楽しめるようになります。

    Underに所属する選手の武者修行がしやすくなりますね。

    ただ、完全移籍となると、下部のクラブはお金が無いので、1部の選手が自由契約になるまで我慢するようです。

コーチ能力
( 2006/03/24(Fri) )

親善大会
( 2006/02/14(Tue) )

重すぎるFMを少しでも軽くする手段
( 2005/11/26(Sat) )

選手に飽きてきたら・・・
( 2005/11/15(Tue) )


練習しすぎるとコンディションが…
( 2005/10/30(Sun) )
    個人的には、
    コンディションと、モラルを
    試合ではもっとも重視しているのですが、
    モラルはともかくとして
    選手画面のWorkloadのスライダーを、
    ミディアムとヘビィの境界線あたりに置いとくと、
    コンディションの回復がかなり遅いです。

    あわてて、Restで休みを与えたのですが、
    1〜2日では思ったほど回復しませんでした。
    各項目スライダーを、Highにしておくと、
    かなりの割合で、たったひと月で、
    その分野のスキルが1ポイントあがるのですが、
    逆にLightにすると、確実に1下がります。
    集中的なトレーニングはシーズンオフだけにして、
    シーズンが始まったら、現状維持程度の軽めのメニューにしたほうがよさそうです。
    もしくは、面倒だけど、成長中の若手スタメン選手は、だらだら練習させないで、
    週1か2くらいコンディションの低い選手に休みを与えてます。
    シーズン中は試合にあまり出ない、ベンチ組みに
    専用メニューを作って鍛えたほうが良いかも



この文章にツッコむ!
Name:
Comment:
[過去ログ] 0 byte now




コーチのWorklodeとRatingの関係
( 2005/10/30(Sun) )



ページ選択 [ これ以下はありません。 ]
[ Home ]
[ 管理 ]