適材適所主義@
( 2009/07/09(Thu) )

点を取るだけがFWの仕事ではない!?
( 2009/07/07(Tue) )

ゼロトップに思うこと
( 2008/10/28(Tue) )

起用不満の取り扱い
( 2008/10/21(Tue) )

終盤での選手の交代
( 2008/07/07(Mon) )

試合で選手の良し悪しを見抜く初級
( 2008/05/31(Sat) )

攻守の人数分担を考える
( 2008/05/26(Mon) )

規律と自由(つぶやき系)
( 2007/09/13(Thu) )

苦手の隠匿
( 2007/09/10(Mon) )

シャドーストライカーの活用
( 2007/08/31(Fri) )

ひらめきと判断力について
( 2007/04/19(Thu) )

若手の将来
( 2007/04/19(Thu) )

走らないフォワード
( 2007/04/04(Wed) )

コーナーキックを考える
( 2007/03/21(Wed) )

試合をフルタイムで見よう!
( 2007/03/04(Sun) )

いい選手を発掘する
( 2007/01/07(Sun) )

フォアチェックの活用
( 2006/10/15(Sun) )


ファンタジスタの活用
( 2006/10/09(Mon) )
    なんだか、最近あんまり使われなくなった
    「ファンタジスタ」ですが、
    ほかに、いい言葉をしらないので、ファンタジスタで行きます。

    まず、わたくしの考えるファンタジスタ。
    これは、安易に、司令塔やゲームメイカーのことを示す言葉ではありません。
    司令塔が、ファンタジスタだったら、とんでもないギャンブルチームになっちまうよ。

    ファンタジスタ、幻想的、創造的。
    イメージ力の豊富ないわゆる天才肌の人のことです。

    ちなみに、これに対を成す言葉は、
    常識とか、平凡とかではないかと思いますね。

    現在の豊かで便利な生活は、
    創造力や、ひらめきしか持たない天才によって、
    生み出された結晶といえるかもしれません。

    つまり、これに抜きん出たやつほど、とんでもないことをしてしまうのでしょう。
    貧乏人が巨万の富を得てしまうのも、まさにひらめきと、想像。
    そして、周囲の意見にまったく耳を貸さないという図太さも必要かもしれません。

    フットボールマネージャーも、同様です。
    ひらめきと、創造力の優れた選手ほど、高い壁を打ち破る可能性を持っているといえます。

    周囲を見る目である「判断力」とかけ離れた選手ほど、
    大きな結果に結びつくことになるでしょうが、
    その多くは、失敗に終わることでしょう。

    それと、豊富なイメージを、実現させるための技術も必要です。
    それが、クロスであったり、パスであったりロングシュートであったりします。
    技術をさらに生かすために、スピードや、加速、敏捷も必要ですね。

    なにをしでかすかわからない「ファンタジスタ」は、
    なるべく、中央ではなく、サイドに配置することをオススメします。

    4バックで、サイドバックのディフェンスを採用していることが重要です。

    後ろにディフェンダーがいるのであれば、彼らは、安心して、思う存分、イメージを膨らませることができるはずです。

この文章にツッコむ!
Name:
Comment:
[過去ログ] 0 byte now




守備的ミッドフィルダーの活用
( 2006/10/09(Mon) )

マンマークの活用
( 2006/10/06(Fri) )



ページ選択 [ 0 1 2 ]
[ Home ]
[ 管理 ]