このページは、筆者のFM2009プレイ日記なので、 実際の個人・団体及び 世界のサッカーシーンとはなんの関係もありません

FootBallManager 2009

    〜 I am 日本人 〜 欧州風雲児 09仮想世界編
    ■ 選択国およびリーグ
    全20カ国25リーグ

    - 1部+2部(5カ国10リーグ)

    イングランド/ フランス/ ドイツ/ イタリア/ スペイン

    - 1部リーグのみ(15カ国15リーグ)

    ベルギー/ チェコ/ デンマーク/ ギリシャ/ オランダ/ ノルウェイ/ ポーランド/
    ポルトガル/ ルーマニア/ スコットランド/ スウェーデン/ スイス/
    トルコ/ ウクライナ/ ロシア


    ■ その他ルール
     架空の選手を使う  選手の能力隠す、DBデータ量 普通、DDT読み込み→日本
    ■環境
     FM2009UK Ver9.03
    ■マシンスペック
     CPU:Core2 Duo 3G メモリ:PC2-4200 2Gbyte HDD:ATA/300 7200rpm
     GP:Radeon 2600XT
     OS:WindousXP 2002 SP3

    言語ファイルは、 Football Manager 2009 日本語 翻訳wikiのものを利用させていただいてます。


6/8 まずはコートジボアール
ワールドカップに出場する23人が決定しました。
長年の経験からいって、5点満点で採点したとすると、

    得点能力 ★★
    守備能力 ★★★
    スタミナ ★★★★
    安定性 ★★
    一体感 ★★★★
って、ところかな。
アフリカ系チームの割には、得点力が低い。
ただ、若くて優秀な選手が多いので、次の世代ではけっこういいかも知れない。
穴であるゴールキーパーも、得点を期待できそうな選手も若手が成長すれば面白そうなところはある。

6/15 ワールドカップ南アフリカ大会
グループ G Vs セルビア

セルビアには、ミラン・ジュリッチという、とてつもないフォワードがいるみたいだ。
とてつもない選手が、フォワードというのは、実にうらやましい。
コートジボアールは、左サイドバックだ。
(せめて、中盤にしてほしかった・・・)

さて。
ワールドカップなんだけど、このチームの試合を見るのは、まだ2回目です。
何が良くて、何が悪いのかすら、まったくわからない。

しかも、ここに来て先発メンバーは、アシマネが選抜。
なんか・・・、おれ、別に居なくてもいいんじゃ・・・・

左サイドバックの、Patrice Coulibaly すごい。
さすが、チェルシーの左サイドバック。
(というか、ドログバのコピー。)
前半で、コートジボアールが2点先取。
1点目は、Coulibalyが基点となっての先制点。2点目は、Coulibalyのアシストで得点。
ダントツだなの選手は。
フォワードでなくとも、チームに得点をもたらす男だ。
基本的に、アフリカ系のチームなので、フィジカルは強い。
それをよくわかった上での、鋭い縦パスでした。

後半に入って、セルビアのエース、ミラン・ジュリッチが軽症。
なので、こっちは数少ない前衛のエリート選手を2人引っ込めて、交代し、
やや守備的に変更した。

残りの相手は、スペインと韓国。
スペインには負けたとして、韓国に勝てれば、予選突破できっぞ。

2-0 Win

ちなみに、日本も出場していた。
日本はグループBで、イングランド、コロンビアに、ホスト国の南アフリカを交えて戦ってます。

ほかの国見渡すと、イスラエルとか、アンゴラとか、
北朝鮮、ギリシャ、
メキシコも出場している。
豚インフルエンザを乗り切ったということか!
うんうん。
6/20 ワールドカップ南アフリカ大会
グループ G Vs スペイン
スペインは、4-1-4-1でした。
ボランチ1枚、ハーフ4枚。
守備的です。そんなんでスペイン国民は納得するのか?

信じられないことに、7分にコートジボアールが先制。
1トップフォワードで先発している、Koffi Doumbia が、1人で持ち込んでシュートして先制。
守備は、苦手なので、変わらず攻め込むこと戦術を選択。

が、後半に追いつかれて、逆転された。
さすがにスペイン代表フォワードは、ゴール前の1対1ではずさないっすね。
ゴール前で1対1になった瞬間で、もはや失点したも同然だ。
ルーマニアのリーグだと、はずしまくってるんだが。

終了間際、さらにスペインの追加点。

1-3 Lose
7分の先制点はサプライズだったが、順当な結果で終わりました。

これでスペインは2勝。
ほぼ突破確実。
他会場では、韓国が2連敗。
セルビアが1勝1敗

韓国相手に、引き分け以上で行きたいっす。
6/20 ワールドカップ南アフリカ大会
グループ G Vs 韓国

韓国、そんな強そうじゃないっすね。
飛びぬけて強い選手が4〜5人。いずれも中盤です。
あとは、北欧や、東ヨーロッパにもごろごろいそうなレベルの選手がほとんどです。
たぶん、日本代表もこんな感じでしょうな。

勝てる!

と、おもったら、開始早々、PKゲッツの韓国。
これを、優秀なミッドフィルダーが決めてしまって、韓国の先制・・・
んぬぅ〜〜〜

でも、28分、韓国のゴールキーパーがエリアの外で、もたもたしてるところを奪って、
同点ゴール
さらに36分に追加点。
フォワードがたいしたことない韓国にしてみれば、1点差はとてつもなく重たいはずだ。

フリーキックとセットプレイには要注意だが、
コーナーキックに関しては、フィジカルの強いアフリカの方がだんぜん有利だった
つまりは、良い位置でフリーキックもらわないか、2回目のPKが得られない限り韓国に勝ち目はい。
フォワードのシュートもフリーだろうがなんだろうが滅多に枠に飛ばない。
フォワードに厳しいFM2009だ

2-1 Win

2勝1敗。
文句なしに予選グループ2位通過でした。
これで、協会の目標も達成した。
6/26 ちなみに
グループ予選で2勝したコートジボーアルは、
代表初出場、代表初ゴールが相次いでいて、
代表チームに参加しているそれらの選手が、ヨーロッパ各地で移籍したい病を発病しまくてるみたいだ。

いままで、移籍リストにされていた選手も、4チーム、5チームからのオファーが届き、
各地のメディアを賑わせているみたいです。

ポリテニカも、もちろん何名かの獲得を予定していたりしてますが、
来てくれるかなぁ・・・


ところで、次の相手は、ガーナですと。
微妙なワールドカップだ・・・
6/26 ワールドカップ南アフリカ大会
決勝ラウンド Vs ガーナ
試合前のオッズは、コートジボアール有利でした。
なんてラッキーなワールドカップなんだ!!!

って、思ってたんだけど、完封負けしちゃいました。
さよなら、南アフリカ・・・
そしてさよなら、コートジボアール。

次は、ヨーロッパの国の代表監督めざすぞー

0-2 Lose
6/30 ポリテニカからオファー
クラブから契約延長のオファーきた。
まだまだ、監督の知名度は低い。
今、ここを出ても、いいことはひとつもないと思う。
でも、4年契約って・・・・
長すぎるので、2年に短縮してもらった。
7/1 新シーズン
■ シーズンの目標

UEFAの切符獲得を目標にさせてもらいました。
秘めたる目標は、もちろん、リーグ優勝です


■ ユースに日本人
Yusuke Yamada君。
16歳で、尼崎出身だそうだ。
中学を卒業し、地元のユースを経て、
あかなな監督にコネクションを持つ知人の紹介で、ルーマニアに渡ったらしい。(妄想)
なぜそんなところから、野犬の被害世界一のルーマニアに?!
ポジションはゴールキーパーです。
でも、ちょっと、芽が出そうな感じは・・・しないなぁ・・・


■ コートジボーアルの代表監督辞任
予定通り、辞任しました。
コートジボアールの知識が結構増えたし、良い勉強にもなったよ。
今後は、ヨーロッパの代表ポストの空席探す


■ ボス契約選手3名合流。
マルチなフォワード選手と、マルチな中盤と、ブラジル人ボランチの3人です。
リーグ優勝するクラブにいてもおかしくないほどの、優れた3人だと思ってます。
詳しくは、のちほど。

7/15 なんなんですか
新しく入れたセンターバック2人が、2人とも故障。
しかも1人は、合流した翌日の練習で全治2〜3ヶ月ですって。
彼は、キープレイヤーを約束されていて、UEFAの選手登録も済んでいる選手です。

なんなんですか?

すでに、こっちは1人放出していて、予定している人数に満たないんですけど。

プロってなに?

まぁ、まだ移籍期間だからいいけどさ。
計画が狂うぜ。
7/20 放出の途中経過
昨シーズンの監督賞の2人、
エシオと、アンドレイ・ピンティが移籍した。
エシオは、ダン・バルクと同じステアウアへ、ピンティはポルトガルのマルティモに行った。
活躍した選手が次の年に出て行ってしまう・・・
それがマイナーリーグにおけるマイナーチームの宿命です。

それにしても、ステアウア。
エシオだけじゃなく、中盤にもサイドバックにもセンターバックにもオファー来た。
(ステアウアは、元ポリテニカの選手でチームを作ろうとしているのか??)
活躍した選手を金と名声に物を言わせて、次々と引き抜いていく。
日本で言うところのジャイアンツみたいなもんだね。

でも、エシオは、7億という現金をチームに残してくれました。
とてつもない金額です。

なので、エシオは抜けたが、今シーズンのポリテニカ。
すさまじい手ごたえを感じてます。
シーズン80得点ぐらいいけるんじゃないの?
だけども、未だにきちんと選手がそろってない。
あと二日でUEFA予選がはじまり、これから合流する選手は、UEFA予選に登録できない。
25人のUEFA登録だが、実質20人くらいの参加でやりくりせにゃならん状態です。
7/21 選手とりあえず版

ゴールキーパー、早くも入れ替えです。
冬に獲得したヴィクター。
実は超問題児で、かなりの数のチームメイトから敵対視されている。
しかも、とくにディフェンダーが多いのだな。
なので、ちょうど良い具合にいいGKが移籍リストだったので、そいつ (バルサン) をあらたに獲得した。
エシオの移籍金7億から、2億6000万を使って獲得した、新守護神です。

加入してすぐに、数ヶ月の重症を追ったドアホウディフェンダーは、サヴィッチです。
はやく帰ってきてください・・・

フォワード。
2シーズン目となるクピリエンコがちょうど去年の今頃のエシオのような成長振りをしている。 昨シーズンは16得点。
エシオ以上の飛躍を願いたい。

ペレス
昨年は、あまり成長しなかった。
若くして、使いすぎか・・・
しかし、このチームにいたっては、18歳にして、「彼をキャプテンに・・・」
という声も出るくらいの重要人物になっている。

ティボール
なにげに、昨シーズン中に、ペレス以上のフリーキックを持っている可能性を垣間見た。
彼も今シーズンブレイクの可能性を持つ一人です。

デシャン・テシク
よく成長している。
センターハーフも覚えた。
ただし、怪我で開幕からしばらくは欠場の予定です。

「サイドハーフしかできない」という選手は、あとはウチェだけなので、
4-4-2から、封印していた4-1-3-2に戦術を変更するのも面白いかもしれない。
が、序盤は、UEFAで忙しいので、秋か冬頃に落ち着いたら戦術の変更も考えよう。
ウインターブレイクあたりがちょうどいいか・・・。
日付 - IN - 移籍元 金額
7月1日 ミルセア・サヴ UTA フリー
7月1日 ポペスク FC Brasov フリー
7月1日 チアーゴ FC Timisoara フリー
7月9日 ミハイ・シウレア Sportul ¥50M
7月16日 サヴィッチ FC Brasov ¥100M - 選手交換
7月24日 ドリネル FC Ploiesti ¥80M
7月27日 バルサン Unirea Urziceni ¥260M

合計
¥490M


日付 - OUT - 移籍元 金額
7月1日 トミック CSM Rm. Sãrat フリー
7月5日 ラズバン・ドラグ
フリー
7月7日 ラウール・バシリッチ Cetatea 期限付移籍
7月14日 アンドレイ・ピンティエ Marítimo ¥75M
7月16日 キャリン・ラズログ FC Brasov 選手交換
7月20日 エシオ Steaua ¥700M

合計
¥775M


今シーズンは、だいぶ儲かった。
エシオの離脱は痛い。が、
フォワードの得点力は3割減ぐらいと踏んでいる。
そのかわり、中盤の得点力が倍くらいになっている気がしている。




- By FMnote -