このページは、筆者のFM2009プレイ日記なので、 実際の個人・団体及び 世界のサッカーシーンとはなんの関係もありません

FootBallManager 2009

    〜 I am 日本人 〜 欧州風雲児 09仮想世界編
    ■ 選択国およびリーグ
    全20カ国25リーグ

    - 1部+2部(5カ国10リーグ)

    イングランド/ フランス/ ドイツ/ イタリア/ スペイン

    - 1部リーグのみ(15カ国15リーグ)

    ベルギー/ チェコ/ デンマーク/ ギリシャ/ オランダ/ ノルウェイ/ ポーランド/
    ポルトガル/ ルーマニア/ スコットランド/ スウェーデン/ スイス/
    トルコ/ ウクライナ/ ロシア


    ■ その他ルール
     架空の選手を使う  選手の能力隠す、DBデータ量 普通、DDT読み込み→日本
    ■環境
     FM2009UK Ver9.03
    ■マシンスペック
     CPU:Core2 Duo 3G メモリ:PC2-4200 2Gbyte HDD:ATA/300 7200rpm
     GP:Radeon 2600XT
     OS:WindousXP 2002 SP3

    言語ファイルは、 Football Manager 2009 日本語 翻訳wikiのものを利用させていただいてます。


5/21 今の最大の焦点は・・・
去就だな。
UEFA EL優勝は、次のステップを踏むにあたって、十二分に威力を発揮することのできる勲章だ。
でも、Ajaxも捨てがたい。
が、CLを優勝できるクラブにするには、在籍している選手の7割か8割を入れ替えなくてはならん。
維持だけでも難しいのに、さらに優秀な選手を引っ張るのは、限りなく困難だ。

各チームの様子を観察しつつ、ぎりぎりまで悩もう。

現時点で候補になりそうなクラブは・・・、

チェルシー、リバプール、
アトレティコ、バレンシア、ラツィオ
果たして、就任できるかどうかはどれも微妙なところだ。
あとは、引き抜きやらなんやらで、ポストの空くクラブもあるので、あと2〜3は増えるだろう
狙いは、3大リーグで優勝が狙えるクラスのチームだ。
それ以下のクラブに行くつもりは無いぞ。
6/16 ポルトガル
ポルトガル代表のポストが空いたので、応募してみた。
もし、受かったら、Ajaxは残留するか・・・
2チーム同時就任って結構大変

6/18 即決

就任しちゃった!
いよいよ、ポルトガル代表監督です!
無職で初めてはや10年!
長い道のりだった!

当面の目標は、ワールドカップ出場です。
つっても、かなり厳しい状況です。

でも、よく見るとわずか5差。
首位スイスとの直接対決もあるので、まだまだいけます。

スイスは、あかなな監督の古巣です!
代表は、クラブと違って、当時のメンバーがかなり残ってます。
試合が楽しみだ。

2017/6/18 あの人は今!
この特集、やっておきたかった。
まもなく10年を迎える記念にも丁度良い企画だ。
過去にチームの中心人物だった選手のその後を追ってみたい!と思います!


■ ポリテニカ時代

- ダン・バルク
ステアウアに引き抜かれた、ルーマニア代表のミッドフィルダーです。
その後、とうとう、選手生命のほとんどをステアウアにささげることになったようです
それなりの能力の持ち主だったので、決してオファーが無かったわけでもないだろうが、
ポリテニカを出てから後、およそ8年の歳月をステアウアで過ごしました。
その間、ステアウアでも、ルーマニア代表でもキャプテンを務め、ルーマニアのフットボール文化に貢献。
そして、今ではもう、33歳。
現時点での通算で、249試合49得点。
残念ながら、ステアウアでももはやその処遇に困る存在に成り果ててしまい、
売却を検討している模様です。
あと2週間でステアウアとの契約が切れる。契約の画面開いてみたら要求額は1億7千万。
無理だ。いらん。
8000万ならいいぞ。


- エシオ
ポリテニカでエースストライカーだった選手です。
当時は、わずかな情報量でしかなかったブラジルから発掘し、わずか2100万で獲得した選手です。
その金額とは裏腹に、チームのリーグ優勝に貢献し、
あかなな監督の移籍と同時に、7億という大金をクラブに残し、彼もステアウアに移籍しました。
移籍後は、同じくポリテニカ出身のダンバルクと共に、ステアウアの一時代を築きました。
そして、3シーズン後、7億5000万で、FCモスクワに渡り、
4年間でのロシア生活を経て、いまはポルトガルのポルトで控えストライカーやってます。
控えだけど、移籍金は9億なので、それなりの期待が込められた移籍だったようですが、
ダンバルクと同様、かれも33歳。
技術、頭脳はずば抜けていますが、フィジカル面の衰えはもはや隠しようの無い域に来ています。
現時点で、227試合123得点。


- ガブリル・ペレス
ペレスです。
あかなな監督の移籍と同時に、Clujに移籍し、散々に干されているところで、
再び、あかなな監督が采配を振るうハーツへと移籍
ハーツでは、それなりの活躍をしたのだが、
監督が代わってからは出番がまったく無く、出場機会を求めて、渡米。
アメリカ合衆国のRed Bull New Yorkでレギュラーやってます。
二十歳前は、才能に満ち溢れた選手でした。
でも、伸びなかった・・・
いまだ25歳と若いが、スキルが少し落ちている。
代わりに頭脳面が多少伸びているが、それって30代の選手の兆候じゃないのか・・・

あまりにも早熟すぎた天才。
結局、ルーマニア代表にも、まだ1度も呼ばれていません。

- アリ・カドリ
ハーツ時代に、ブラジルから15億という大金を払って獲得したチュニジア人フォワードです。
当時、ハーツのクラブで15億も移籍金を払うというのは異例中の異例。
そこまでしてでも、セルティックとレンジャースを超えたかった・・・
でも、結局超えることはできなかったわけだが・・・
アリ・カドリはその後、高額の年棒を要求し続け、ついにハーツを退団。
が、あまりにも高額の年棒を要求するため、結局、ハーツの契約が切れても貰い手が見つからず、
で、とうとう、あきらめて町をぶらついていたところ、ロシアのスパルタク・モスクワに拾われたらしい。
んで、いまでも、そこで選手やってます。
まだ26歳と若く、評価額も10億5000万。
が、年棒は、1億4000万です。
でも、チュニジア代表で50試合29得点もしていて、スパルタクでも、20試合で13ゴールを上げ、
エース級の活躍しているので、1億4000万は安い。
貰い手の無い寒い時代を過ごして性格変えたのか??


- バ君
バ君。
韓国代表のハーツのストライカーでした。
エースというわけでもない、3〜4番手フォワード。
一時期、カンザスシティにレンタルされていたらしいが、今はハーツに戻り、
リザーブで試合やってます。
時々、トップチームの試合にも出るみたい。
ってゆーか、まだ25歳なんだ。若い。まだまだこれからだな。



以上、思い出深い選手の今を追いかけてみました。
ドイツは思い出が少なく、
ギリシャはまだ最近のことだし・・。

6/22 ポルトガル代表
いったん全員削除して、選びなおす。
ゴールキーパーと、サイドバックが弱い。
サイドバックに関しては、3バックにしたほうがいいくらい弱い。
ただし、フォワードと中盤は結構いいし、センターバックも世界クラスがそろっている。
どこの大会に出場しても、それなりにやれるくらいの人材はある。
スイスや、チェコ代表よりも、確実に強いと思う。

サイドバックが弱いが・・・
ボランチも、満足とは言いがたいし。
でも、ウイング選手は超優秀(たぶんクリスチアーノロナウドのコピー選手)

戦術は、4−4−2か・・・
7/1 新シーズン
Ajax。
もうダメかもしれない。
やはり、国際大会での優勝は、大きすぎた。
冬に合流したばかりのAlexや、マシューズ、リヘティ、パガリッチ、
さらには、実はチーム得点2位の鈴木カズにも興味がついている。
鈴木カズは、ケルンだが、他の選手は、バルセロナだのユベントスだのインテルだのチェルシーだの、
ヨーロッパ主要リーグの優勝を狙うビッグクラブばかりです。
んで、マシューズ以外の選手はみんな興味によろこんでいる。
マシューズは、いまのところ、無視のようだが、そのマシューズが最もどでかいオファーが届きそうな気配だったりする。

めんどくせぇ。

やめるか、Ajax・・・。

雇用情勢を開く。
無い・・・
今は、行ってもよさそうなクラブは、アテレティコ・マドリードくらいしかない。
滑り止めで、シャルケくらい。
シャルケ行くくらいだったら、Ajaxに残った方がいいか。

7/2 いつのまにか・・・
アシスタントが引退していた・・・。
チームレポート見ようとしたら、見れなかった。
新しいアシマネ探そう。

7/15 今シーズンもAjaxだ
魅力的なポストも無かったし、ポルトガル代表監督もあるので、クラブレベルでの混乱は避けたいっつーのもあり、
とくに悩むこともなく、Ajaxでの続投が確定しそうだ。
チームは、成熟と洗練のレベルがかなり高い域に達していて、
親善試合での爆発ぶりがすさまじい。
これまでにない手ごたえを感じる。
無論、新しい選手もいるし、何人かの選手も手放してはいるが、
中心選手は、昨シーズンとまったく同じ。
冬に合流している、次期守護神のAlexと、次期エースのエンリケさんは、まだイマイチだが、
昨シーズンの内容を思い浮かべてみても、親善試合のデキは遥かに良化している。
期待できるぞ、今シーズンは。

まずは、2年連続で逃しているリーグ優勝、
そして、同じく2年連続で逃しているCLの決勝トーナメントベスト4入り
これを目指す。

8/2 UEFA CL 予選
Home Vs Lokomotiv Moscow(ロシア)
それなりに名のある(?)クラブだと思うが、
マスコミいわく、「格下」らしい。
とりあえず、ホームで2−0で勝利。
マシューズが2得点した。
いいよ今シーズン。いけるよ。
8/9 UEFA CL 予選
Away Vs Lokomotiv Moscow(ロシア)
失点したが、マシューズ、エンリケさん、と、センターバックのバスアルツの得点で快勝。
エンリケさん、今シーズンフィーバーする可能性高いぞ。
親善試合でも得点量産してます。
とりあえず、ロコモティフ・モスクワに勝利、次へ進出。
8/16 UEFA CL 予選
Away Vs Rangers(スコットランド)
スコットランドのレンジャースと対戦。
過去に就任したハーツでは、まるで歯が立たないチームだった。
んで、とりあえずアウェイ戦。
ドローでした。
強いよね、レンジャース。
8/26 ヨハン・クライフ杯
Vs PSV
昨シーズンのリーグ戦王者、PSVと、カップ戦王者Ajaxが激突。
今シーズンを占う重要なゲームだ。
すでに、8月末ということもあり、一通り選手の出し入れが終わってます。
PSVは、昨シーズンのリーグ戦13得点のスイス人エースが、バルセロナに引き抜かれたらしい。
これは打撃だろう。
さらに、2番手ストライカーもインテルに引き抜かれたらしい。
PSVの攻撃力はだいぶ落ちている。

集めた金で、ブラジルから若いフォワードを獲得したらしいが、
なじむまでは時間がかかることだろう。

1-0 Win
とりあえず勝った!
やはりマシューズの得点。
8/27 ウチにも魔の手が来てます
このオファーには、ものすげー悩んだ。

半年前に49億で獲得し、半年分の3億の給料を加味したとしても、
わずか半年で、10億近い利益がクラブにもたらされることになるオファーです。

ただ、60億の内、一括で払うのが10億であとは24ヶ月の分割払いでした。
それだと、代わりのフォワード獲得できないじゃん。

なので、現金30億+分割40億で、70億を提示して返答したら、あきらめてくれました。
エンリケさんからの苦情も無しだった。
8/29 UEFA CL 予選
Home Vs Rangers(スコットランド)
これに勝てば、グループリーグへの進出決定です。
で、日本人ミッドフィルダー、安部たけしの貴重な先制点。
やっぱ、強いねレンジャース。

1-0 Win
8/30 グループ予選抽選会

うちは、グループCでした。
しかも、堂々の第2シード!
こいつはありがたい。
第2シードと、第3シードとじゃ、突破の可能性がだいぶ違ってくる。
そして、幸運にも対戦相手が、パリ・サンジェルマンと、ボルトンだ。
他の厳しそうなグループに比べたらだいぶ楽。
初のグループ予選突破に期待したいぞ。

PSVも第2シードでグループFだが、リヨンがいる。

ちなみにAEKも出場してます。
2015、16、17と、国内3連覇での出場です。
AEKのメンバーも、もはやだいぶ替わってきている。
そろそろ王座も危ういんじゃないかな。

8/31 メンバー表確定!

比較的大きな異動があったので、まずはこちらから。

■ 放出

鈴木カズ (FW)
15億で、HSVへ移籍

鈴木カズ君、移籍しちゃいました。
いいフォワードだったが、15億なら売ってもよしという判断です。
今シーズンも面白そうなキャラではあったが、日本人だとどうしても「贔屓」してしまう。
フォワードは、ワールドクラスの選手(マシューズ、エンリケさん)がそろってます。
さらに、アルゼンチンでものすげー18歳を発掘してしまった。
どう考えても、新シーズンでの鈴木カズの出番は、15試合がいいところだ。
それなら、贔屓の選手を思い切って切り捨てて、確実なマシューズやエンリケさんを優先し、
アルゼンチンの天才君の出番を増やしてやったほうが良いに決まっている。
ということで、ドイツへ売却。
成功を祈ってるよ。


リヘティ (FW)
30億で、アトレティコ・マドリードへ移籍

リヘティは、かなり重宝する選手でした。
フォワードができて、攻撃的ミッドフィルダーもできて、いざってときは左ハーフもできるマルチタレントでした。
しかも、足元、ちょーうまく、マシューズへのラストパスも郡を抜いてました。
放出はもちろん、痛いが、リヘティは、いつかは出て行ってしまいそうな気がする選手で、
アトレティコからのオファーにもときめいてしまっていたので、思い切って売却した。
リヘティのポジションは、ジャーオ、安部たけしの2人がいて、
さらに今シーズン、なつかしい選手を1名獲得してしまって、
しかも、彼の親善試合〜UEFA CL予選での動きはバツグンです。
なので、30億、OK、OK。喜んで手放すよ。
本当は、手放すべきじゃないのかもしれないけど、まぁいいだろう。


■ 獲得

ダークレン
フリー獲得(Rostock/ドイツ)

Rostock、結構ブンデスリーガをにぎわせています。
タイトルらしいタイトルは無いけど、2012年に昇格してから6年も連続で1部に留まってます。
んで、そのチームの若き中盤をボスで獲得したっつーわけです。
シーズン中盤に不足しがちな、ボランチと、右サイドバックができる選手だ。
フィジカルがめちゃめちゃ強いです。
ちなみに、スウェーデン代表でもレギュラーで、31試合に参加し2ゴール挙げてます。
ただ、かなりの試合好きみたい。
彼は、控えになる可能性高いので、すぐ文句たれてくるかもしれない。


マウリーセ
フリー獲得(ESTAC/フランス)

余剰人員になりそうな気がするが、まぁいいか。
主に、左サイドバックの要員として期待しています。
まだまだいけると思うが、フローリス・パウエル が30歳になってしまったので、その後継としての期待もあります。
フローリス・パウエルは、オランダ人でしかも自クラブ育成選手なので、とても重宝する選手なのだが、
いまいちプロ意識に欠けていて、弱い相手と試合するとかなり手を抜くクセがあるらしい。
なので、なるべく早く代わりの左サイドバックが欲しかったわけですな。
これまでのAjaxは、サイドバックはサイドバックしかできない選手が多く、
ベンチ要員で常に左右両方おいとかないといけないみたいなことが多かったのだが、
彼も含めて、「左サイドしかできません」というディフェンダーを避けて獲得しているので、
その手の問題の解消もかねてます。マウリーセはセンターバックができる。


オニール
フリー獲得(Beerschot/ベルギー)

なんでこんな選手獲得しちゃったのか不明な選手。
冬にボス契約した。
とりあえず、アメリカ代表のエースで、47試合14得点しています。
ジャンプ力があり、空中戦に強いフォワードです。
使いどころに悩むかとも思ったが、親善試合の動きは、頭脳的でわりと良かった。
バガリッチ が、もう29歳なので、彼の後継としての役割に丁度良いかもしれない。
チームメイトともうまくやっているみたいです。


ダン・バルク
フリー獲得(Steaua/ルーマニア)

ダン・バルクです!
33歳になってついに、ルーマニア国外でプレイすることになってしまいました!
元ポリテニカの選手で、若きダンバルクを良く知るあかなな監督の元でプレイできると知って、
二つ返事で、サインしてくれました(翌日返答してくれた)
ちなみに、この監督独断による無理な獲得は、アムステルダムのAjaxサポーターから大ブーイング喰らってます。
そりゃ、理解できないよな。
ぱっとみ、能力値は、何かに抜きん出ているわけでもなく、むしろほかの若い中盤選手よりも劣っている。
でも、親善試合〜UEFA CLと、すでに何試合か出場しているが、
「言語の壁」「コミュニケーションの壁」というものをまったく感じさせず、
経験を生かした素晴らしい配給センスを、遺憾なく発揮してくれています。
この内容なら、サポーターも、すぐに納得してくれるだろう。
キャリアのほとんどを、母国ルーマニアですごした、ダン・バルクだが、
実は、国外生活の対応力も高い選手だったのだ。
ステアウアなんかにいかなきゃ〜〜よぉ〜〜


ディアイエ
移籍金26億(Celtic/スコットランド)

セルティックから獲得した、セネガル人ミッドフィルダーです。
26歳の若さですでに8つのクラブを渡り歩き、Ajaxですでに9チーム目です。
でも、アシマネ、スカウトが異口同音に、「貴重な選手」になると報告。
もちろん他にも、「貴重な選手」となりえる候補者もいるのだが、彼が最も安上がりな選手だった。
センターハーフしかできないが、
運動量、スタミナ、パスセンスは、一級品です。
中盤は、一流選手が少なかったので、彼の参加によるワンランクアップを大いに期待したい。


ロサダ
移籍金24億(Boca/アルゼンチン)

超目玉選手です。
よくこんな選手を獲得できたもんだ。
18歳の選手に24億も払ってしまいました。
でも彼、サビオラ、クレスポか、はたまたテベスか、あるいはそれ以上の選手になるらしいです。
現Ajaxで、インテルから60億のオファーが来た、エンリケさんをも上回る才能を秘めているらしい。
ホンマかいな!
でも、「向上心がある」選手らしいので、かなり期待しています。

9/1 UEFA SUPER CUP
Vs Bayern(ドイツ)
なんと!、昨シーズンのCL王者は、バイエルンだったらしい!
まぁ、どこが相手であっても、今シーズンCLにマジで殴りこみをかけるAjaxにとって、
この試合のパフォーマンスは、とても重要でした。

とりあえず、中盤のビクトル・ディス が、精密なシュートで先制点を挙げたが、
それ以後、悲惨なことに3失点。
負けたが、ひどすぎる内容でもなかったし、どっちかっつーと、アンラッキーな失点でもあったが、
もう一回やって勝てるか?っつーと、ホームでも危うい。
しかし、スケジュールもきつく、ベストなコンディションでもなかったし・・・

1-3 Lose

4日間休んで、いよいよリーグ戦です。
最初の相手は、昨シーズン2位のVitesseだってよ!
まけたらいやだなぁ〜〜・・・

つづく



- By FMnote -